ライブレポート

SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 7th Anniversary LIVE」@Zepp DiverCity TOKYO

6月17日(土)SUPER☆GiRLSがZepp DiverCity TOKYOにて「SUPER☆GiRLS 7th Anniversary LIVE」を開催しました。

開演前の影アナは志村理佳。「みなさんペンライトはお持ちでしょうか?白にしたい気持ちはすっごくわかるんですけど、ペンライトの色を赤にしてお待ち下さい」と、自身の担当カラーを混じえた影アナを届けてくれました。

今回のコンセプトは7周年の「7」とSUPER☆GiRLSのイメージカラーである虹色の「7」色をかけて、グッズで販売するサイリウムの色と連動して会場との一体感を出しながら進行していくというもの。会場を見渡すと、新グッズであるサイリウムを手に持つファンがあちこちに見られ、ライブの幕開けを今か今かと心待ちにしていました。




ライブは「赤い情熱」からスタート。志村理佳の案内通り、会場は赤色に覆われます。この曲ではかわいいではなく、クールでかっこいいメンバーの姿を余すことなく見ることができるのが特徴です。

SUPER☆GiRLSの盛り上がり必至ナンバー「女子力←パラダイス」がきたらメンバーと一緒に踊る時間。大サビ直前に田中美麗からの煽りが入れば、会場のテンションはさらなる上昇を見せます。

間一髪入れずに「ギラギラRevolution」に突入。ファンからの熱い「ウメウメウメウメ、コウメ!」コールが会場に響き渡ります。この曲でもサビではついメンバーと共に踊りたくなる振り付け。ファンならぜひとも一緒に覚えたいところです。

MCを入れた後は前向きな歌詞が印象的な「絶対自分前進宣言!」、アイドルらしさを感じる「キラ・ピュア・POWER!」、切ない歌詞が特徴なミディアムナンバー「ごめんね。のとなりで」と、それぞれ違う特徴の楽曲を届けてくれました。




続いてはユニットコーナーを披露。

まずは石橋蛍、尾澤ルナ、阿部夢梨、長尾しおりの3期生で楽曲は「恋は初心者マーク」。今年の春に3期生のみで開催された「修行中」ツアーの大トリ曲でもあり、もはや3期生と言えばこの曲と言っても過言ではない1曲。4人共2000年台生まれという驚異の若さというのもあり、アイドルソングをこの上なくキュートさ全開で届けてくれました。

2番目に登場したのは渡邉幸愛、浅川梨奈、内村莉彩の2期生で楽曲は「初恋ラビリンス」。スタンドマイクを使い、脚を蹴り上げるダイナミックなパフォーマンスは、まさにかっこいいの一言。3期生が加入したことにより先輩となり早1年。確実に成長している姿をファンに見せてくれました。

最後を飾るのは志村理佳、渡邉ひかる、宮崎理奈、田中美麗、溝手るかの1期生で楽曲は「初恋グラフティ」。白の衣装で登場した5人。これは彼女たちの同期であり、今年の3月に卒業した前島亜美の卒業ライブでも着用されていた衣装。SUPER☆GiRLSの始まりから今この瞬間のすべてまで見てきた彼女たち5人が歌い届ける姿は、誰の目から見ても心にグッとくるでしょう。




ここで1期生の田中美麗から「どの曲も当時の7年前を思い出しながら私たちも歌ってきました。気づいたらスパガ(SUPER☆GiRLSの略称)は結成して7年が経ちました。当時13歳だった私も20歳になりました。何度も挫けそうになったときは、不安さえも味方さえに思ってがむしゃらに過ごしてきました。そんな中、いつも応援してくださるファンのみなさまには個人的にも何度も何度も支えられてきました。こうやって味方でいてくれて今日も7周年ライブに足を運んでくださって、本当にいつもありがとうございます」と話されれば、会場からは拍手喝采となりました。

そこから届けられるのは「絆デイズ」。SUPER☆GiRLSから旅立った仲間、今ここにいる仲間、そして支えてくれたファン。様々な想いが交錯し、1つ1つの歌詞を真剣に歌い届ける彼女たち12人の姿はとても印象的でした。

「NIJIIRO涙。。。」は歌詞にSUPER☆GiRLSのイメージカラーである虹色が多く取り入れられています。このライブにはまさに外せない1曲。ビジョンにはこれまでのSUPER☆GiRLSの歴史が流れます。

しっとりした雰囲気から一転。ここれから超絶レインボーメドレーでアップテンポナンバーである「EveryBody JUMP!!」、タオル回しが欠かせない「アッハッハ!~超絶爆笑音頭~」、夏ソングである「MAX!乙女心」などを連発。会場はこの日1番に熱い場所にしてくれました。




本編が終わり、ビジョンには新リーダー候補を選出しているメンバーの様子が流れます。「何より大事なのは愛情。スパガのことを1番に想ってくれる人」「るかちゃん(溝手るか)かな」「ひかるちゃん(渡邉ひかる)」「みやりさん(宮崎理奈)です」「志村理佳が1番いいかな」とメンバーの意見が飛び交っていました。

ステージに再び登場するメンバー。ここで溝手るかから「宣誓~!私、溝手るかはSUPER☆GiRLSの新リーダーとして、メンバーとファンのみなさんに最高の景色を見せられるよう、私にできるすべてをスパガに懸けたいと思います。スパガに懸けることを誓います」の後に、メンバー全員で「誓います」と宣言。

宣誓があれば「.花道!!ア~ンビシャス」の始まり。この曲はまるでお祭りのような賑わいを見せる1曲。ファンも4代目リーダー溝手るかの歓迎、新たなSUPER☆GiRLSの門出にこの上ない最高のコールを届けていました。同期の志村理佳からは「るかちゃん新リーダー頑張れ!」と応援の言葉も贈られるほど。

溝手るかからは「SUPER☆GiRLS4代目リーダーを務めさせていただくことになりました、溝手るかです。今回は初の試みでメンバー投票を行って、ファンのみなさまの意見を踏まえた上で、メンバーとスタッフさんとミーティングをしました。まだまだ頼りない部分も多い私なんですけど、こうしてSUPER☆GiRLSのリーダーに選んでいただけたことを大変光栄に思います。たくさんの方に支えられて歩んできた7年間なんですけど、今日からはリーダーとして自分にできることを精一杯すべてをスパガに注ぎ込んでいきたいと思います。これからもSUPER☆GiRLSの応援よろしくお願いします」と挨拶。その言葉に会場からは拍手喝采。

アンコールラストは「みらくるが止まンないっ!」で盛大に締めくくります。会場には風船が舞い、その中にはなんとメンバーのサインが入っている貴重な風船もありました。

溝手るかが「この7年間歩み続けてこれたのもみなさんがいるからだなと改めて実感しましたし、心から感謝しています。ありがとうございます。これから先どんなに涙を流しても、虹の架け橋を作れるような、そんな強いグループになりたいし、そんな風にしてファンのみなさんと一緒に前へ前へ進んでいきたいと思います。みんなで最高の景色見に行こうね!みんなでいっぱい笑っていっぱい嬉し涙流そうね」と話せば、溝手るか本人の目には涙が流れていました。




4代目リーダーが決まったSUPER☆GiRLS。7周年目の年を「超絶☆レインボーイヤー」と銘打ち、新生SUPER☆GiRLSがいよいよスタートです。


 


SUPER☆GiRLS
「SUPER☆GiRLS 7th Anniversary LIVE」@Zepp DiverCity TOKYOセットリスト

M-01.赤い情熱
M-02.女子力←パラダイス
M-03.ギラギラRevolution
M-04.絶対自分前進宣言!
M-05.キラ・ピュア・POWER!
M-06.ごめんね。のとなりで
M-07.恋は初心者マーク(石橋・尾澤・阿部・長尾)
M-08.初恋ラビリンス(渡邉幸・浅川・内村)
M-09.初恋グラフティ(志村・渡邉ひ・宮崎・田中・溝手)
M-10.絆デイズ
M-11.NIJIIRO涙。。。
M-12.常夏ハイタッチ
M-13.プリプリ♥SUMMERキッス
M-14.スイート☆スマイル
M-15.EveryBody JUMP!!
M-16.虹色ダイヤ~スパガのテーマ~
M-17.イッチャって♪ ヤッチャって♪
M-18.アッハッハ!~超絶爆笑音頭~
M-19.MAX!乙女心
M-20.ラブサマ!!!
M-21.NIJIIROスター☆

ENCORE
E-01.花道!!ア~ンビシャス
E-02.みらくるが止まンないっ!

SUPER☆GiRLS公式サイト
SUPER☆GiRLS公式Twitter

記事・撮影/瀧澤 唯

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. Cheeky Parade「Cheeky Parade 6th …
  2. わーすた「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~Nature…
  3. predia「CROWN Fes.Presented by LI…
  4. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS ノンストップ全力…
  5. ロッカジャポニカ「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to…
  6. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!〜Road t…
  7. PASSPO☆「青年も、大志を抱け!ツアー」LCC便@原宿アスト…
  8. Ange☆Reve「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と…



PAGE TOP