ライブレポート

愛乙女☆DOLL「愛迫みゆバースデーライブ2017」@東京キネマ倶楽部

11月26日(日)愛乙女☆DOLLが東京キネマ倶楽部にて「愛迫みゆバースデーライブ2017」を開催しました。




「LOVE&PEACE」で幕開け。DOLLER(愛乙女☆DOLLファンの呼び名)からのみーたん(愛迫みゆのニックネーム)コールは序盤からこの上なく響き渡ります。DOLLERも愛迫みゆをお祝いする気満々です。

「Bargain girl」「ビターチョコ・バレンタイン」がくれば大人で女性らしい愛乙女☆DOLLの姿を余すことなく披露。かわいいだけではなく、このような面も持ち合わせているのが愛乙女☆DOLLの魅力でもあります。




MCでは太田里織菜からは「みーさんは愛乙女☆DOLL1期生ですので、先輩って感じですね。いろいろと尊敬するところもいっぱいあるですけど、最近いい意味で先輩感がないんですよ」と愛迫みゆとの仲の良さを感じる内容について話してくれました。その他にも愛迫みゆの話題で盛り上がるメンバー。メンバーからいかに愛されているかよくわかるMCでした。

ここからは愛迫みゆコーナーに突入。自身がデザインしたキュートな衣装に着替えてソロで登場した愛迫みゆ。DOLLERのテンションも自然と上がります。会場も愛迫みゆの担当カラーであるピンク色に染まり、AKB48楽曲「記憶のジレンマ」を歌い上げてくれました。




その後ステージにはゲストで元アキシブprojectの荒川優那が登場。

そして愛迫みゆ、荒川優那の2人が好きなback number楽曲「繋いだ手から」を披露。2人のきれいな歌声と会場のクラップが会場を優しく包んでくれました。

ステージにハルナ、太田里織菜、朝比奈花恋が合流し、5人でアキシブprojecyの「セツナツリ」「アキシブウェイ」を届ければ、会場に駆け付けた荒川優那ファンも大興奮。荒川優那がアキシブproject時代の担当カラーでもある緑色のサイリウムを振っているファンも見られたのが印象的でした。




愛迫みゆがステージに残り、続いては暗闇の中4人がステージに登場。そして「BRAVER」が始まると、なんとそこには愛乙女☆DOLLの衣装を身にまとった2人目のゲスト、元アフィリア・サーガのユカフィンの姿がありました。佐野友里子、佐倉みき、安藤笑もBRAVERの衣装に着替えており、とても貴重な光景。ユカフィンがアフィリア・サーガ時代に担当していたカラーである水色のサイリウムも客席にはあちこち見られました。

「BRAVER」の後はアフィリア・サーガ楽曲「ニーハイエゴイスト」「Embrace Blade」の2曲を持ってくれば、ユカフィンファンのテンションはMAX状態になり大盛り上がり。

そしてさらに貴重なのが、愛乙女☆DOLLのメンバーがアキシブprojectとアフィリア・サーガの楽曲を披露するということ。それも元メンバーといえども、つい先日までグループに所属していた方とのコラボというのもあり、会場中の誰もがこのステージを一瞬たりとも見逃せなかったのではないでしょうか。




ここからは愛乙女☆DOLLの楽曲に戻ります。ここ最近の「エアプレーン」ではメンバーそれぞれが自身の担当カラーを持つことが多いのですが、この日は全員ピンクのサイリウム。そして、DOLLERもピンクのサイリウムということで、まさしく愛迫みゆ色です。大サビでは照明が落ち、会場に光輝くのはピンクのみ。その光景は心にグッとくるものがありました。

本編ラストは愛乙女☆DOLLの盛り上がり必至ナンバーである「LOVE♡BEAM」で締めくくります。最後にふさわしい盛り上がりとなり、メンバーの表情は誰もが笑顔となっていました。

響き渡るみーたんコールの中、愛迫みゆはドレス姿に衣装チェンジをして登場。SAYAKA楽曲「ever since」を歌い上げます。歌い上げる愛迫みゆの目には思わず涙が浮かび上がっていました。歌い終えた愛迫みゆには大きな拍手が送られます。




そこにバースデーソングを歌うメンバーが登場。誕生日ケーキやファンからのメッセージアルバムなど、たくさんのプレゼントが渡されます。そんな中、ケーキを持っていた佐野友里子から「あっ、苺落としちゃった」とのかわいらしいハプニングもあり、会場からは思わず笑いが起きるほど。

実はアンコールからDOLLERの手首には、プレゼントに使われるピンクのラッピングが巻かれていました。それに対し愛迫みゆからは「みんながプレゼントになったの。もう全員いただいちゃおう。全員お持ち帰りする」との茶目っ気たっぷりなコメント。

愛迫みゆからは1人1人に対し改めて自らの気持ちを伝えていました。加入当初悩んでいた朝比奈花恋、自らにしっかりと指摘をしてくれる安藤笑、おもしろさに癒される佐倉みき、沈黙でも落ち着ける関係にまでなった太田里織菜、頑張り屋のためなかなか相談をしないハルナ、同い年で付き合いも長い佐野友里子。愛迫みゆにとっても、愛乙女☆DOLLにとっても、誰1人欠かせないメンバーです。




続いての「ダイヤモンド」では思わず涙するメンバーが続出。先ほどの愛迫みゆから語られたメンバーそれぞれへの想いから、「ダイヤモンド」の歌詞はメンバーにもグッとくるものがあるのでしょう。それは見ているこちら側にもとてもよく伝わってきました。

最後は「ワチャゴナ!」で会場をここ1番に沸かせます。愛迫みゆのバースデーライブを祝うかのように、DOLLERもここ1番の声援を届けます。お祭りやパーティーという言葉がこれでもかというくらいにぴったりな光景がそこには広がっていました。




愛迫みゆからは「本当にメンバー大好きなんです。日本武道館達成しましょうね」との言葉もあり、文字通り大盛況の中で幕を閉じました。



愛乙女☆DOLL
「愛迫みゆバースデーライブ2017」@東京キネマ倶楽部セットリスト

M-01.LOVE&PEACE
M-02.Digital Date
M-03.キセキ
M-04.Bargain girl
M-05ビターチョコ・バレンタイン
M-06.記憶のジレンマ/AKB48(愛迫)
M-07.繋いだ手から/back number(愛迫・荒川)
M-08.セツナツリ/アキシブproject(愛迫・荒川・太田・ハルナ・朝比奈)
M-09.アキシブウェイ/アキシブproject(愛迫・荒川・太田・ハルナ・朝比奈)
M-10.BRAVER(愛迫・ユカフィン・佐野・佐倉・安藤)
M-11.ニーハイ・エゴイスト/アフィリア・サーガ(愛迫・ユカフィン・佐野・佐倉・安藤)
M-12.Embrace Blade/アフィリア・サーガ(愛迫・ユカフィン・佐野・佐倉・安藤)
M-13.エアプレーン
M-14.LOVE♡BEAM

E-01.ever since/SAYAKA(愛迫)
E-02.ダイヤモンド
E-03.ワチャゴナ!

愛乙女☆公式サイト
愛乙女☆DOLL公式Twitter

記事・撮影/瀧澤 唯

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. Cheeky Parade「Cheeky Parade 定期ライ…
  2. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!直前、女性限定…
  3. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  4. Ange☆Reve「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と…
  5. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  6. はっちゃけ隊 from PASSPO☆「星野愛菜ラストライブ~2…
  7. PASSPO☆「青年も、大志を抱け!ツアー」LCC便@原宿アスト…
  8. 愛乙女☆DOLL「朝比奈花恋バースデーライブ2018」@吉祥寺C…



PAGE TOP