ライブレポート

PASSPO☆「歌って踊って奏でるツアー2017→2018」(2部)@渋谷WWW X(後編)

⇐PASSPO☆「歌って踊って奏でるツアー2017→2018」(2部)@渋谷WWW X(前編)へ

ここからはフライトも終盤戦。まずはゾンビ映画がテーマとなっている「PlayGround」を披露。イントロから楽曲の世界観に誘い、増井みおがゾンビから逃げまどうシーンも注目したいところ。縦ノリナンバーであるこの楽曲では、サビでのゾンビジャンプはパッセンジャーも一緒に飛び跳ねます。

「PlayGround」で作ったダークさをそのままに続いては「BEAST IN YOU」を用意。曲の世界観の流れを崩すことないセットリストの構成はさすがのもの。

クルーが見せる激しいパフォーマンスが必見となる「マイノリティー・ヒーロー」。終盤戦にも関わらず、この楽曲を用意してくるクルーの度胸の凄さに脱帽。体力が削られている後半戦にも関わらず、息の合った力強いパフォーマンスで会場を魅了。そのクルーの凄さに一瞬たりとも見逃せず、ただただかっこいいの一言に尽きます。

森詩織がセンターに立ち、その脇をかためるクルーが手を強く握り合ったら「無題」に決まり。ヘドバンをしたり拳を力強く突き上げたりと、クルーの熱き想いが会場に解き放たれます。

女同士の友情がテーマでもありますが、裏テーマはクルーとパッセンジャーの絆がテーマである「バチェロレッテは終わらない」。彼女たちは結婚してもおばあちゃんにもなっても、PASSPO☆でいようと強い想いを持っているグループ。この7人だからこそ歌える楽曲になっています。

ここで根岸愛から「最近は出会いと別れの部分のニュースが多いなと思っていて。アイドルだったら卒業や解散だったりのニュースだったりとか、すごい多いなと思っているんですけど。そういうニュースを見て、みんながみんな自分もこのままでいいのかなって思ったり考えたりする機会が増えたと思うんですよね。私も卒業したほうがいいんじゃないかなって思ったりしている子もいるかもしれないし。だからこの先も別れのニュースっていうのはあると思うんですけど。でもやっぱりPASSPO☆…大丈夫よ、みんな。そんな悪い話はしないからね。だからこそPASSPO☆は出会いの場になれたらいいなって。出会いの場って言ったらチャラく聞こえるけど(笑)別れが多いけど、PASSPO☆に出会って、PASSPO☆の中で誰かと出会って、好きな曲と出会って、とにかく出会いが多い、そんなグループでいたいなって。今まで卒業したアイドルさん、続けたかったけど続けられなかった子の想いも勝手ながら背負って、一緒に繋げていけたらいいなと思っています。そしてみんなの背中も押していけたらいいなと思います」とここ最近のアイドル界、そして彼女たちが描くこれからの先の未来について話してくれました。

そこから届けられるのは「TRACKS」。イントロが流れるだけで歓声が起こるほどの1曲。実はこの楽曲、落ちサビを担当していた元クルーの奥仲麻琴が卒業してからしばらく封印されていた楽曲。11ヶ月近く封印されており2015年11月に開催された「ROCK周年ツアーアリガート便」のツアーファイナルで、“「だいすき」「ありがとう」愛に支えられて”から“一緒に繋いできたこの想いを背負って”に歌詞が変更され、今の7人だからこそ歌える歌詞になっています。

この日のアンコールはあんにゃ(玉井杏奈のニックネーム)コール。その声援にこたえ1人ステージに登場した玉井杏奈。

玉井杏奈から「今年9年目を迎えまして、いつだかも言ったかもしれないけど。人生の中でこんなに1つのことを続けられたことがないので。ピアノも1週間で辞めたし、公文もバックレたし、クラシックバレエもサボってブックオフ行ってたし。でもPASSPO☆だけは、本当に熱出しても何でも絶対に行かなきゃって。いろいろなことを教えてくれた場所で、23歳になって知らぬ間に大人になっていたんですけど。ばばあになっても、結成したときと変わらない気持ちを私は持っているので、みんなもじじいとばばあになっても、ここにきたら気持ちは若いまんまでいてくれたら楽しいよね。ずっとそうやっていよう。私もすごく好きなんだ、この空間。これからもPASSPO☆、アイドル戦国時代…トゲトゲするなよって思うけど、そういう時代を経て今PASSPO☆が生き残れているので、今きてくれるパッセンジャーに感謝して1歩1歩大人になっていこうと思います」と玉井杏奈の想いが語られました。

そんな玉井杏奈の言葉からアンコールは「Music Navigation」で開始。7人が見せる全身全霊のパフォーマンス、そして彼女たちだからこそ歌える歌詞。ただただ彼女たちの本気が反映されているこの楽曲のパフォーマンスを見てほしい、そして感じてほしい。彼女たちの本気と覚悟が伝わるものでした。

アンコール2曲目はPASSPO☆のメジャーデビュー曲である「少女飛行」。彼女たちはこれまでの歴史、原点を絶対に忘れません。曲中にはパッセンジャーだけによる大合唱もあり、会場は完全に1つになりました。

安斉奈緒美から「PASSPO☆はダンス体制とバンド体制を同時に活動するようになってから、2刀流するなんて大変なことしてるねってすごい言われるのね。でも、私たちは大変っていうより、今すごく演奏するのが楽しいんだよね。その楽しいっていうのが大きくあります。今PASSPO☆にあるててでるいうのをもっと磨いたら、まだ誰も見たことない最強のグループになれるって私たち信じています。最強の女の7人集団になれるって信じています。今年で結成9年目になるんですけど、BANDPASSPO☆としては下積み中のド新人です。でも9年たってもこんなに伸び代が残っていて、成長したいっていう気持ちがたくさんあるって幸せだなって日々感じています。9月22日の中野サンプラザでもう1つレベルアップしたPASSPO☆をみなさんに見てきてほしいです」と決意のこもったコメントをくれました。

最後はPASSPO☆の煽りストである増井みおから「未来で待っているツアーと中野サンプラザに立っている私たちに向けて、みんなで声を出して未来で待っている私たちに繋いで欲しいんだけど、みんな声出せますかー?」にパッセンジャーも最上級の声援を送ります。

このツアー最後を締めくくるのは根岸愛、増井みお、安斉奈緒美の3人で作詞した「Party like a Rockstar!」。この日1番の最高の一体感と盛り上がりを見せてくれました。

PASSPO☆は5月からグループ初となる対バンツアーの開催が決定。ツアーファイナルは9月22日に中野サンプラザで迎えます。アイドル9年目を迎えましたが、ベテランの一言じゃ終わらせません。9年目の伸び代を必ず見せてくてるグループです。常に本気で常に成長を見せ続けるグループ。今こそPASSPO☆の本気と覚悟を見てください。



PASSPO☆
「歌って踊って奏でるツアー2017→2018」(2部)@渋谷WWW Xセットリスト

ぷちぱすぽ☆
M-01.サムライガール
M-02.青春ドリーマー
M-03.メラメラジャンピン

ぷちぱすぽ☆公式サイト
ぷちぱすぽ☆公式Twitter

PASSPO☆
M-01.すてんだっぷガールズ!~第1話ダメダメ怪獣にご用心~
M-02.NASA! ~なんであいつ好きなんだ、嗚呼~
M-03.Cosmic You
M-04.7’s Up
M-05.Pretty Lie
M-06.サンキュバースディ♪
M-07.WEEKDAY QUEENS
M-08.Mr.Wednesday
M-09.Fairy Tale
M-10.くちゃLOVE(根岸・玉井・藤本)
M-11.Growing Up(増井・森・安斉・岩村)
M-12.You
M-13.PlayGround
M-14.BEAST IN YOU
M-15.マイノリティー・ヒーロー
M-16.無題
M-17.バチェロレッテは終わらない
M-18.TRACKS

E-01.Music Navigation
E-02.少女飛行
E-03.Party like a Rockstar!

PASSPO☆公式サイト
PASSPO☆公式Twitter

記事・撮影/瀧澤 唯

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!〜Road t…
  2. PASSPO☆「すてんだっぷガールズ!~第1話 ダメダメ怪獣にご…
  3. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  4. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 超絶☆定期公演V…
  5. Cheeky Parade「Cheeky Parade 定期ライ…
  6. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!〜Road t…
  7. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  8. わーすた「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~future…



PAGE TOP