ライブレポート

PASSPO☆「歌って踊って奏でるツアー2017→2018」(2部)@渋谷WWW X(前編)

2018年2月4日(日)PASSPO☆が渋谷WWW Xにて「歌って踊って奏でるツアー2017→2018」を開催しました。

本ツアーは1部がバンド体制、2部がダンス体制となっています。こちらでは2部のPASSPO☆のフライト(PASSPO☆ライブの呼び名)レポートをお届け。




■ぷちぱすぽ☆
オープニングアクトに登場したのはぷちぱすぽ☆

まずは「サムライガール」を持ってきます。誰もが1度は聞いたことある懐かしのメロディーが特徴です。

「青春ドリーマー」は山本優菜の掛け声から三三七拍子が始まります。最後は八木ひなたの「応援してるよー!」で締めくくる楽曲です。

最後を飾るのはスピード感溢れるアップテンポナンバー「メラメラジャンピン」。オープニングアクトにふさわしく、会場をしっかりと温めてくれました。




■PASSPO☆
1曲目に用意してきたのは最新ナンバーの「すてんだっぷガールズ!~第1話ダメダメ怪獣にご用心~」。スピード感あるアメリカンガールズロックナンバーです。サビでの振り付けはぜひとも覚えてクルー(PASSPO☆メンバーの呼び名)と一緒に踊りましょう。

この勢いをそのままに「NASA! ~なんであいつ好きなんだ、嗚呼~」に突入すればパッセンジャー(PASSPO☆ファンの呼び名)からは歓声が起こるほど。こちらもスピード感あるナンバーであると同時に、クルーの一糸乱れぬパフォーマンスが見どころの1つです。

その流れからの「Cosmic You」を用意してくれるとは、もはや素晴らしいの一言。序盤からグンと会場を盛り上げ、会場を完全に自分たちのものにします。この曲がきたらパッションジャー(安斉奈緒美推しのパッセンジャー)は特に嬉しいものではないでしょうか。

ここで用意するのはPASSPO☆の自己紹介ソング「7’s Up」。クルー自身が紹介するクルーの歌詞を書き上げていたというのもあり、1人1人の歌詞にも注目。この曲ではクルーが誘導灯(PASSPO☆サイリウムの呼び名)を持ちパフォーマンスするのが特徴。パッセンジャーも自身の推しの紹介の際は腹の底から声を出していました。会場には7色の光が輝きます。




MCでは今回のツアーについて振り返ります。1部はバンド体制、2部はダンス体制となるててでるツアー(歌って踊って奏でるツアーの略称)は今回で2回目。根岸愛からは「最初はね、バンドのほうになかなかお客さんがこなかったんです」とのこと。玉井杏奈からは「自分がさ、ちょっとしか知らないアイドルグループがバンド始めたってよって言っても、まぁ最初は舐めてかかるよね。今は耳くそくらいになりまして、目くそくらいかな。でも見に来てもらうと、こんなにできるんだって言ってもらえることが多くて。そのたんびに、ほれ見たことかと。そう思いながらもありがとうという気持ちです」と話されていました。

MC明けはPASSPO☆人気楽曲「Pretty Lie」を届けます。ここでパッセンジャーからのサプライズで会場は紫色の誘導灯で染まります。これは1月31日に23歳の誕生日を迎えた玉井杏奈の生誕祭。ミディアムナンバーですが、この楽曲にはパッセンジャーからのコールが欠かせません。落ちサビでは根岸愛が玉井杏奈に向けて歌唱していたのがなんとも印象的でした。

曲が終わるとクルーからは一斉に「杏ちゃんおめでとう!」とお祝いの言葉が続出。玉井杏奈からは「すごい申し訳ないんだけど、Pretty Lieって言ってからパチパチパチ」とサイリウムを折る音が聞こえてきたとのこと(笑)

玉井杏奈からは「1年はあっという間で、やっとみおちゃんの23歳にも追いついて。簡単に言うと、23歳は落とし物と忘れ物をしないと。人として欠けているので、そこをちゃんとしたいです。あとはシンプルにドラムをもっともっともっともっともっともっともっと頑張って、BANDPASSPO☆恥ずかしくないように底上げしたいと思うので、みなさん23歳の玉井杏奈もよろしくお願いいたします」と挨拶されていました。




生誕祭が行われた後に披露するのは「サンキュバースディ♪」に決まり。落ちサビではパッセンジャーからのさらなるサプライズで、玉井杏奈のフラッグが会場中に振られます。これには玉井杏奈も含めクルーも驚きを隠せません。ちなみに玉井杏奈が藤本有紀美のお尻を叩いていたのが印象的。

安斉奈緒美から「杏奈、お誕生日おめでとう」から玉井杏奈が「ありがとう、奈緒美」から届けられるのは安斉奈緒美と玉井杏奈がメインでパフォーマンスする「WEEKDAY QUEENS」。先ほどの生誕祭からこの流れは見事。

Re:デビュー曲である「Mr.Wednesday」はポップさとスピード感があるPASSPO☆らしいアメリカンガールズロックナンバー。サビでは一気にテンポが上がり盛り上がりを見せる1曲です。

飛行機を思わせてくれる音が含まれている「Fairy Tale」では7人のしなやかで華麗な舞を見ることができます。メッセージ性のある歌詞は多くのパッセンジャーに響くのではないでしょうか。




ここでステージには根岸愛、玉井杏奈、藤本有紀美の3人が並び、アコースティックバージョンの「くちゃLOVE」を披露。会場にはパッセンジャーの温かなクラップが鳴り響きます。

その後は増井みお、森詩織、安斉奈緒美、岩村捺未の4人でアコースティックバージョンの「Growing Up」を届けます。クルーが優しい笑みを浮かべていたり、寄り添って歌っている様子はなんとも印象的。安斉奈緒美にマイクトラブルが起きましたが、森詩織がとっさにフォローしていたのは素晴らしかったです。

今回のツアーでは毎公演アコースティックバージョンの楽曲を2曲用意し、3人と4人に分かれて歌唱していました。今回はツアーファイナルとのことで、7人全員でもう1曲披露。7人では「You」を歌唱します。クルー同士で顔を見合わせたり、楽曲最後にはクルー全員が中央に集まってギュッとしあうなど、グループとしての強い絆を感じさせてくれます。そんな彼女たち7人の姿には鳥肌すら立つほどでした。




MCでは根岸愛から「なんでアコースティックコーナーやろうかとなったと言いますと、歌って踊って奏でるツアー、1部はバンドで演奏して奏でて歌って、2部はダンス踊って歌っているんですけど、その歌っての部分もっと力を入れたいなと思って、歌だけに集中するこのコーナーを設けました。歌って踊るよりめちゃめちゃ緊張して、歌うことに集中するので私たちの中でも少し成長できたかなと思います。みなさん一緒にクラップして聞いてくれてありがとうございます」と経緯を話されていました。

⇒PASSPO☆「歌って踊って奏でるツアー2017→2018」(2部)@渋谷WWW X(後編)へ



PASSPO☆
「歌って踊って奏でるツアー2017→2018」(2部)@渋谷WWW Xセットリスト

ぷちぱすぽ☆
M-01.サムライガール
M-02.青春ドリーマー
M-03.メラメラジャンピン

ぷちぱすぽ☆公式サイト
ぷちぱすぽ☆公式Twitter

PASSPO☆
M-01.すてんだっぷガールズ!~第1話ダメダメ怪獣にご用心~
M-02.NASA! ~なんであいつ好きなんだ、嗚呼~
M-03.Cosmic You
M-04.7’s Up
M-05.Pretty Lie
M-06.サンキュバースディ♪
M-07.WEEKDAY QUEENS
M-08.Mr.Wednesday
M-09.Fairy Tale
M-10.くちゃLOVE(根岸・玉井・藤本)
M-11.Growing Up(増井・森・安斉・岩村)
M-12.You
M-13.PlayGround
M-14.BEAST IN YOU
M-15.マイノリティー・ヒーロー
M-16.無題
M-17.バチェロレッテは終わらない
M-18.TRACKS

E-01.Music Navigation
E-02.少女飛行
E-03.Party like a Rockstar!

PASSPO☆公式サイト
PASSPO☆公式Twitter

記事・撮影/瀧澤 唯

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. predia「predia tour 2018”Fabulous…
  2. 愛乙女☆DOLL「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と天…
  3. predia「predia 7th Anniversary To…
  4. notall「notall 3rd Anniversary To…
  5. Ange☆Reve「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と…
  6. predia「predia “THE SHOW” day.2」@…
  7. PASSPO☆「@JAM EXPO 2018」@キウイステージ
  8. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!〜Road t…



PAGE TOP