ライブレポート

predia「predia tour 2018”Fabulous”FINAL」@マイナビBLITZ赤坂

2018年4月30日(月・祝)prediaがマイナビBLITZ赤坂にて「predia tour 2018”Fabulous”FINAL」を開催しました。本公演はツアーファイナルとなり、チケットはSOLD OUT。




開演前から会場内はprediaの世界に誘うかのように優雅な音楽が流れます。開演時にはいつもと違うこの日限りのSEで会場のボルテージを一気に上げてくれました。

ファンの歓声が鳴り響く中、ツアーファイナルの1曲目は「Fabulous」を用意。アルバム「ファビュラス」の1曲目に収録されている楽曲というのもあり、このアルバムを引っ提げてのツアーには素晴らしい選曲。そしてprediaのライブでは恐らく初であろうレーザーによる演出に、集まった1,000人以上のファンの度肝を抜きました。

3曲目に持ってきたのはこれまでラストに持ってくることが多かった「The Call」。prediaのライブに欠かせない盛り上がり必至ナンバーを、序盤に持ってくるという新たな展開。” Wow Wow WowWow Wow”の場面では数え切れないほどのサイリウムや手が上がっており、序盤とは思えないほどの会場の一体感ぶり。その光景には思わず目を奪われます。




MCでは自己紹介をし、その後は「Close to you」に突入。かっこいいイメージが強いprediaですが、大人かわいい楽曲にキュートな笑顔を見せる10人の美女に、改めて酔いしれること間違いなしの1曲ではないでしょうか。

先ほどまでのギャップを見せるかのように大人の女性をこれでもかと見せつけてくれる「美しき孤独たち」では、10人の悪い女がそこに現れます。なかでも” 悪女(ワル)×3 悪女いオンナ”の場面では10人が横1列に並び、まるでオーディエンスを誘うかのような誘惑は見逃せません。

「水曜日の嘘」は青山玲子、岡村明奈、沢口けいこによる台詞が見どころ。1人1人が放つ切なくもしっかりと感情が入った一言に、ファンからも思わず歓声が上がります。

ここで会場にはアルパカが登場し「Hotel Sunset」の振り付けレクチャーがスタート。アルパカが1匹(?)かと思いきやステージ脇から2匹増え、さらにはうさぎとぶたも登場。途中には明らか「Hotel Sunset」とは違うダンスも披露され、どよめきや笑いも起きるなど会場は和やかなムード。

再びステージに登場したprediaの10人は「Hotel Sunset」の衣装にチェンジ。もちろんこの衣装にチェンジして最初に届けられる楽曲は「Hotel Sunset」に決まり。アルバム「ファビュラス」のリード曲にもなっており、スローテンポが特徴ですが思わずリズムに乗りたくなるような陽気なナンバーとなっています。先ほどアルパカたちが教えてくれた振り付けは”ピーチ、マンゴー&バナナ ホットスポット is in Havana オイスター、フォンデュ&バナナ 食べたいよ 食べちゃうよ、、”の部分。簡単な振り付けというのもあり、メンバーと一緒に踊るファンが続出。その光景を笑顔で見るprediaの姿はなんとも印象的でした。最後は10人が横1列に並び、1人1人違うポーズで締めくくるため推しメンのポーズは必見です。




MCではツアーのエピソードについて話題に。沢口けいこが「空港でさ、荷物検査ってあるでしょ。みんな通るでしょ。大体何が引っかかるかわかるじゃん。だからみんな手荷物預けて通り抜けてたわけよ。瑠美奈とか私も通り抜けたとこで、ちゃん(まえだゆう)が来るのを待ってたの。そしたらさ、ちゃんころぴー(まえだゆう)が2回も3回も引っかかって」とのこと。まえだゆうは「『なんか刃物とか入ってますか?』って聞かれて、刃物なんか持っていないです!安全です!って言ったら『いや、手裏剣みたいな形なのが見えるんですけど』って言われて」に会場は大爆笑。まえだゆうは「ゴムのやつやんか。だから大丈夫ですよね!ってやったら大人の人たちに囲まれて」にもはや会場から笑いが止まりません。結果ゴムの手裏剣は没収されたとのこと。

また桜子は「この出来事が衝撃すぎて夢に出てきたからね」とのこと。桜子は「飛行機に乗ってたの、みんなで。そしたら忍者出てきてさ。ちゃん(まえだゆう)がさ走って『任せろ!ちゃん(まえだゆう)が戦うでござる!』って行ったんだけど。戻ってきたのまた。そしたら『しかし、手裏剣取られたから戦えない』って言って。そしたら玲子が『任せて、私にはこれがある…おたま』ってなって」と会場は大盛り上がり。なんともまぁ、リアリティーな夢(笑)

さらに松本ルナが「今日さタクシーに乗って赤坂まで向かっとったの。前からるーちゃん(村上瑠美奈)がきたの。偶然瑠美奈がきてパッと見たらすごい笑顔で」と言えば音楽を聞きながらノリノリで踊りながら歩いている村上瑠美奈の姿を真似ていました。このエピソードに村上瑠美奈からは「なんで今この話した?」とまさかの展開に(笑)「おたまで終わりでよかったじゃん」にprediaのいじられキャラでもある松本ルナは謝罪ギャグを披露することに。

松本ルナの謝罪ギャグの後、青山玲子から「ツアーではルナルナ(松本ルナ)がすべったっていう思い出もね今日できたり。ツアーファイナルにこんだけの人が集まってくれて、showroomを見てきてくれたみんなも、prediaのことを応援してくれていると思うんだけど。メンバー同士でもよくどんどんprediaの輪が広がっていくねってよくしゃべっててて、本当に嬉しい想いです。この気持ちと初めてステージに立ったときのスタートの気持ちを忘れずに、これからもprediaは夢に向かって突き進んでいくので、これからも一緒にいてくれますか?」に会場は大きな拍手に包まれました。




そこから届けられるのは「DIAMOND HIGH HEELS」。これには会場からも歓声が起こります。ヒールを履いてパフォーマンスするprediaにはなんともぴったりな楽曲名。キレのあるダンスパフォーマンスで会場を魅了していきます。

続いての「Secret of Light」はまえだゆう、村上瑠美奈、岡村明奈、松本ルナ、沢口けいこの5人で届けます。松本ルナが振り付けを担当したというのもあり、そこにも注目したいところ。幸せムードたっぷりの歌詞と明るいメロディーで会場をパっと照らします。5人の晴れやかな笑顔がなんとも印象的です。

楽曲終盤にある”Secret of Light”で会場の時が止まります。ステージ後方には青山玲子、湊あかね、林弓束、水野まい、桜子の5人が登場。そしてステージ前方にいる5人と入れ替わり、続いては「SHADOW PLAY」に突入。力強さや激しさを感じさせてくれるパフォーマンスは見る者の視線を奪います。

実は「Secret of Light」「SHADOW PLAY」は今カノと元カノをテーマにしており、いわば対となる楽曲。繋がりがある2曲をただセットリストの前後に持ってくるのではなく、演出を取り入れることにより世界観をしっかりと表現してくれました。




ステージには再び全員が集結し、衣装は「Ms.Frontier」にチェンジ。もちろん届ける楽曲は「Ms.Frontier」に決まり。沢口けいこ初センター楽曲でもあります。緑のレーザーが放たれながらパフォーマンスする10人の美女は、より一層美しさとかっこよさに磨きがかかっているように見えました。

「Addicted To Your Secret」は村上瑠美奈、湊あかね、桜子の3人が歌唱し、残りの7人はダンスパフォーマンスに徹します。実はこれprediaでは初の試みとなるパターン。切ない楽曲というのもあり思わず感情を入れ込んで歌う3人のボーカル、切なげな表情を見せながらパフォーマンスする7人で曲の世界観をしっかりと表現してくれました。

prediaの盛り上がり必至ナンバーである「Paradise」がくればイントロからクラップが鳴り響き、会場の盛り上がりは必然。爽やかさを感じさせてくれるprediaのアップテンポナンバーに会場のテンションは自然と上昇していきます。10人の晴れやかな笑顔はファンなら必見。サビでの振り付けは思わずメンバーと一緒に踊りたくなるものです。

ここで会場はエジプト風の音楽が流れます。この流れは「クレオパトラ」に決まり。アルバム「ファビュラス」に収録されている本楽曲は初披露時からファンの間でも話題になっていた1曲。水野まい扮するクレオパトラ(通称パト様)を中心に、7人の大臣と平民が見せてくれるエジプトミュージカルはprediaの新たな世界観を見せてくれます。序盤にあるパト様が放つ”跪キナサイ”ではファンが跪くのが恒例となっているとのこと。ちなみにメインボーカルである村上瑠美奈と湊あかねは詩人というポジションというのもあって、ステージの脇で歌唱にのみ専念。水野まいにあたる神々しい光は見る者を圧巻させたのは言うまでもありません。この楽曲ではぜひともパト様に跪きましょう。

本編ラストを飾るのはアルバム「ファビュラス」収録楽曲の「SUPER WOMEN」。まるでprediaのことかと思わせてくれる楽曲名。” Wow oh Wow oh”では思わず一緒に声を出したくなるもの。スピード感あるダンスを凛々しい表情で見せてくれる10人の大人アイドルから一瞬たりとも見逃すことはできません。2番のサビ終わりに響き渡る湊あかねの圧倒的な歌唱力に会場からは大歓声。これからのprediaのライブに欠かせないナンバーになりそうな予感がしてなりません。




アンコールは「Dream Of Love」からスタート。湊あかねの「歌え!!」にファンの歌声は一体感という言葉がこれ以上ないほどぴったり。間奏では水野まいの煽りも入り、もはや会場は熱気の渦に包まれます。間違いなく日本で1番熱い場所はここだと感じざるをえません。メインボーカルの村上瑠美奈と湊あかねが固く握手する場面があるのもこの曲の見どころ。いつもより少し長めにしていた2人の握手は、メインボーカル同士のだから熱い絆を感じさせてくれました。

MCでは村上瑠美奈が「続けるってことがとっても簡単そうで難しいことなんだなって最近感じる機会が多くて。だけどprediaはただ続けるんじゃなくて、進み続けられるグループっていうのを、これからもみんなに見せるから、その景色を一緒に見てほしいです」と決意が詰まったコメントに会場は拍手喝采。

そして最後は「Wake Up」で締めくくります。アルバム「ファビュラス」の最後に収録されている楽曲というのもあり、ラストにふさわしい1曲。リアリティーを感じながらもどこか背中を押してくれる前向きな歌詞、爽やかを感じさせてくれるメロディー、そこから見えるメンバーのこれ以上ない笑顔は多くの人に脳裏に焼き付いたものではないでしょうか。楽曲途中にはprediaの文字が書かれたスイングハートも振り注ぎ、会場は大きな笑顔と愛に包まれ大盛況となりました。

prediaは8月に8thシングルをリリース。日本最大級のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」への出演も決まっており、この夏もpredia旋風が巻き起こること間違いありません。

 



predia
「predia tour 2018”Fabulous”FINAL」@マイナビBLITZ赤坂セットリスト

M-01.Fabulous
M-02.刹那の夜の中で
M-03.The Call
M-04.Close to you
M-05.美しき孤独たち
M-06.Melty Snow
M-07.水曜日の嘘
M-08.Hotel Sunset
M-09.夜想曲~赤い残り香の誘い~
M-10.ヌーベルキュイジーヌ
M-11.DIAMOND HIGH HEELS
M-12.Secret of Light(まえだ・村上・岡村・松本・沢口)
M-13.SHADOW PLAY(青山・湊・林・水野・桜子)
M-14.Ms.Frontier
M-15.Addicted To Your Secret
M-16.Paradise
M-17.クレオパトラ
M-18.禁断のマスカレード
M-19.SUPER WOMEN

E-01.Dream Of Love
E-02.Wake Up

predia公式サイト
predia公式Twitter

記事:瀧澤 唯
撮影:山本ヤスノリ

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. わーすた「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~future…
  2. PASSPO☆「モバイル会員限定クリスマスイブイブ便(1部)」@…
  3. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  4. 愛乙女☆DOLL「愛迫みゆバースデーライブ2017」@東京キネマ…
  5. PASSPO☆「サイサイ✕PASSPO☆最初で最後の一本勝負! …
  6. ぷちぱすぽ☆「ぷちぱすぽ☆5thワンマンライブ~春の学芸会 in…
  7. Ange☆Reve「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と…
  8. わーすた「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~funtas…



PAGE TOP