ライブレポート

わーすた「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~future~」@恵比寿ガーデンルーム

2018年6月2日(土)わーすたが恵比寿ガーデンルームにて「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~future~」を開催しました。

本レポートでは昼公演の模様をお届けします。




1曲目である「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」のイントロが流れるだけでわーしっぷ(わーすたファンの呼び名)からは歓声が上がるほど。1度聞いたら耳の残る楽曲名と歌詞は今やわーすたの代表曲でもあります。序盤と思えないほどわーしっぷからのコールが鳴り響く盛況ぶり。この日も最後は見事にトリケラトプスを撃破してくれました。

「らんらん・時代」ではいつもと違うパフォーマンスを披露。サビでは腕を振り上げたりヘドバンをしたりと、新たな楽曲の世界観を見せます。三品瑠香から「そんなんじゃないだろー?声出すぞ!」とわーしっぷを煽るほど。

5月に披露されたばかりの最新ナンバー「PLATONIC GIRL」はわーすたでは珍しいロックナンバー。廣川奈々聖と三品瑠香はスタンドマイクで歌唱し、坂元葉月、松田美里、小玉梨々華はダンスパフォーマンスに徹します。今までのわーすたにはない新たな表現方法となっています。

大人な女性を感じさせてくれる「Zili Zili Love」では普段のかわいらしい5人のギャップに目が離せません。曲中には小玉梨々華がガールズヒップホップに挑戦し、会場を魅了してくれました。

「好きな人とか居ますか」は廣川奈々聖、三品瑠香の2人で披露。「にこにこハンブンコ」は坂元葉月、松田美里、小玉梨々華の3人で届けるなど、ユニット曲があるのも定期公演ならでは。




MCでは「Zili Zili Love」でガールズヒップホップに挑戦した小玉梨々華が「ダンスが好きでグループで踊っているときが1番楽しいんですけど、こういうチャレンジしていいよ、何でもしていいよっていう機会があったので、今回も1人で踊りたいなと思って挑戦したんですけど。前回はバリバリのヒップホップ、ずっとガツガツ踊ってるやつだったんですけど、今回はガールズヒップホップっていう女の子らしい動きが多い、前回とはちょっと違ったジャンルに挑戦させていただきました」とのこと。

ここで廣川奈々聖から「私は今からキーボードに挑戦します。先月に私の生誕イベントをさせてもらって、その中でもピアノを弾けるようになりたいって言ったんですけど、実は練習していました」にわーしっぷも大盛り上がり。

廣川奈々聖のピアノ演奏のみで届けられるのは「約束だから」。ピアノだけで聞くとこれまた違った印象を与えてくれ、わーしっぷも4人の歌声と廣川奈々聖のピアノ伴奏に耳を傾けます。その後2番は通常の「約束だから」を披露し会場を沸かせてくれました。

「Magical Word」は日本の和を感じさせてくれるメロディーが印象的。歌詞には英語、韓国語、中国語などの取り入れられており、世界標準で活動しているわーすたならではの1曲に仕上がっています。楽曲途中には坂元葉月が自身でリリックも手がけたラップが披露され、これには会場も大歓声。坂元葉月のラップに会場は大いに盛り上がりました。

「完全なるアイドル」ではアイドルらしさとロックやダークさが入り混じった1曲。“ニャー アイドル多すぎ”や“ニャー 猫耳しんどい”と普段のわーすたからは想像もつかない歌詞が散りばめられているというのもあり、その歌詞にも注目しながら聞きたい曲でもあります。

楽曲終わりには松田美里が自身で振り付けを担当したコンテンポラリーダンスを披露。しなやかな動きと美しい舞で会場を魅了し、会場から大きな拍手が送られました。




ここで次なる挑戦者が発表されます。最後は三品瑠香。三品瑠香は前回アコースティックギターに挑戦し、今回もアコースティックギターに挑戦。しかも今回は初のフルコーラスとのこと。ステージには廣川奈々聖と三品瑠香の2人が立ち「ねぇ愛してみて」を披露。廣川奈々聖の歌唱と三品瑠香が奏でるアコースティックギターの相性は抜群。2人が届ける見事な歌声と楽器の音色に会場の誰もが耳を傾け、大サビではわーしっぷから自然とクラップが起こるほどでした。

久々の披露となる「スタンドアロン・コンプレックス」では坂元葉月、松田美里、小玉梨々華の3人は羽を持ってパフォーマンス。3人の舞にはただただ見入るばかり。そして廣川奈々聖と三品瑠香が響かせる歌声はただただ聞き惚れるばかり。

本編ラストはわーすたの盛り上がり必至ナンバーである「いぬねこ。青春真っ盛り」で会場を沸かします。坂元葉月、松田美里、小玉梨々華の3人はポイを披露。これは電飾棒を回すことにより様々な絵柄が映し出されるもの。わーすたのわの字、楽曲にちなんで猫の絵柄など見事な演出に会場も大興奮。わーしっぷからもこの上ないコールがメンバーに送られ、ラストにふさわしい盛り上がりとなりました。




アンコールでは新曲「JUMPING SUMMER」を初披露。楽曲中にもちろんジャンプする場面もあり、ぜひともメンバーと一緒に飛びたいところ。間奏ではメンバーの息の合ったスピード感あるダンスで見る者を釘付けにします。

この日最後を飾るのはミディアムナンバーの「ちいさな ちいさな」。楽曲途中にはメンバーが横1列になって手を繋ぐ場面があり、満面の笑顔を見せてくれるのが印象的。グループとしての絆をしっかりと感じさせてくれるその光景には微笑ましくなるもの。




わーすたは6月20日(水)アルバム「JUMPING SUMMER」を発売。6月24日(日)から全国ツアーとなる「イセ食品 森のたまご presents わーすた Summer LIVE TOUR 2018 ~JUMPING SUMMER~」がスタート。ツアーファイナルは9月16日(日)品川インターシティホールにて開催されます。



わーすた
「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~future~」@恵比寿ガーデンルームセットリスト

M-01.うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ
M-02.らんらん・時代
M-03.PLATONIC GIRL
M-04.Zili Zili Love
M-05.好きな人とか居ますか
M-06.にこにこハンブンコ
M-07.約束だから
M-08.Magical Word
M-09.NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2
M-10.完全なるアイドル
M-11.ねぇ愛してみて
M-12.スタンドアロン・コンプレックス
M-13.タピオカミルクティー
M-14.Just be yourself
M-15.いぬねこ。青春真っ盛り

E-01.JUMPING SUMMER
E-02.ちいさな ちいさな

記事・撮影/瀧澤 唯

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. 愛乙女☆DOLL「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と天…
  2. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 超絶☆定期公演V…
  3. 愛乙女☆DOLL「朝比奈花恋バースデーライブ2018」@吉祥寺C…
  4. PASSPO☆「モバイル会員限定フライト」(2部)@下北沢GAR…
  5. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 超絶☆定期公演v…
  6. ロッカジャポニカ「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to…
  7. SUPER☆GiRLS「森永乳業 presents SUPER☆…
  8. ベイビーレイズJAPAN「歌って踊って奏でる対バンツアー~Roa…



PAGE TOP