ライブレポート

PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to 中野サンプラザ~」@F.A.D YOKOHAMA

2018年6月10日(日)PASSPO☆がF.A.D YOKOHAMAにて「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to 中野サンプラザ~」を開催しました。

本レポートでダンス体制の第2部をお届けします。




最初に披露した曲は「Music Navigation」。解散発表をし、1度は封印しようとした楽曲を今ではセットリストの1番最初に持ってくるこの演出にパッセンジャー(PASSPO☆ファンの呼び名)も大興奮。“Get down”はパッセンジャーも一緒に声を出す一体感ぶり。解散するその日まで歌われ続けていく1曲になるのではないでしょうか。

「7’s Up」はPASSPO☆の自己紹介ソング。この楽曲はクルー(PASSPO☆メンバーの呼び名)が他のクルーを紹介し、紹介されたクルーは会場を煽ったり自由に表現します。地元神奈川県出身の岩村捺未は「どうもー、神奈川県民です。高校生のときめっちゃここらへん来てた。毎日いたんだよね。焼き小籠包が大好き」と地元民ならでは。また森詩織が藤本有紀美の紹介歌詞を歌っているときに、玉井杏奈は藤本有紀美の脚の間から誘導灯(PASSPO☆ペンライトの呼び名)を出したり、遊び心も見られていたのが印象的。




MCでは1部の対バンでゲスト出演してくれたベッド・インの話題に。ベッド・インがPASSPO☆楽曲「妄想のハワイ」をカバーしてくれたというのもあり、ここで根岸愛が「実は…ここでですね」の振りがあれば会場からどよめきが起こります。しかし、根岸愛から「というのはちょっと置いてといてですね」と言えば玉井杏奈から「下手ですね」と突っ込みが入れば会場からは笑い声が起こります。

ここで改めて根岸愛から「ハワイに行きたいかー?」と掛け声があると、もちろん披露するのは「妄想のハワイ」。最初はハワイっぽくウクレレが流れたりまったりとしたメロディーが印象的ですが、それが終わるとPASSPO☆ならではのアメリカンガールズロック調に切り替わります。ハワイにちなんだ歌詞や振り付けが随所に見られ、7人のクルー(PASSPO☆メンバーの呼び名)がまさしく妄想のハワイの世界に連れて行ってくれます。




ここで増井みおと岩村捺未の小芝居がスタート。増井みおが「なちゅ男くん?」と言えば岩村捺未が「なんだい?みおちゃん」のやり取りにパッセンジャーからも歓声が上がります。以下、小芝居(笑)

増井みお「横浜デート楽しかったね」
岩村捺未「楽しかった。楽しかったけど、俺…海外行きたいんだよね」
増井みお「海外!?いいね、どこどこ?」
岩村捺未「アメリカ」
増井みお「いいね」
岩村捺未「サンタモニカ」
増井みお「でも今日もお金全部みおが出したじゃん」
岩村捺未「いや、俺だって小籠包1個おごったじゃん」
増井みお「そうだね!あっ、そうだった!ごめんね~」
岩村捺未「そうだよ、忘れんなよ、絶対に」
増井みお「じゃあ今から行こうか」

そこから届けるのは「ヘブズンズバーガー」に決まり。PASSPO☆らしいCAを思わせてくれるメロディーに振り付け、そして増井みおと岩村捺未が繰り広げるラブロマンスと見どころ満載の1曲になっています。




藤本有紀美から「それじゃあ、次はみんなが大好きなあの曲を2曲連続で聞いてもらいたいと思います」との振りがあり、岩村捺未と藤本有紀美がセンターに立てば「NASA! ~なんであいつ好きなんだ、嗚呼~」がくるのかと予感。しかし、音響トラブルによりイントロ部分が少しカットされているメロディーが流れ、突如として流れたメロディーにクルーも困惑。一旦止まり玉井杏奈も「今のって途中からですか?」と音響さんに確認を取ったり、カットされた音源しかないとわかると森詩織はポーズを決めながら「サプラーーイズ!!」と発言。玉井杏奈が再び音響さんに確認を取り「もしそれしか収録されてないならそれでやります」とのこと。不思議なことにトラブルが起きてもなぜか微笑しくなるのがPASSPO☆の大きな魅力です。

改めてどこから始まるのかクルー同士で確認。根岸愛が「ゆっきぃ(藤本有紀美)の“チャンス”の後から」とのことで、クルーもだんだんと理解してきている様子。イントロ部分が少しカットされたメロディーがいきなり始まるというまさかの展開に、藤本有紀美も「これめっちゃ緊張する」と話せば玉井杏奈も「これ多分2度とないよ」とある意味レアな光景。パッセンジャーからも「ゆっきぃ頑張れ」「ゆっきぃ」って声援が送られたり、すべては藤本有紀美の一言にこの楽曲の命運が握られています。

藤本有紀美がリズムを取り「チャンス」といきなり放てば急な展開にパッセンジャーも大笑い。根岸愛からは「そんなすぐに音出ないから」と話せば玉井杏奈から「それでは聞いてください、チャンス」とアドバイスすれば会場は笑いに包まれます。ここに今日限りの新曲「チャンス」が完成です。




続いてはこのツアー恒例のレア曲コーナー。黒い箱から選ばれたのは「Shang Shang シャンデリア」「GPP」の2曲。「Shang Shang シャンデリア」を引いた岩村捺未は「シャングシャングシャンデリア~」と言えばクルーから「違う違う」「“ング”言わない」と突っ込まれる様子は微笑ましいもの。

「Shang Shang シャンデリア」は初めて見るパッセンジャーも多いのではないでしょうか。根岸愛、増井みお、玉井杏奈の3人は羽扇子を、森詩織、安斉奈緒美、岩村捺未、藤本有紀美の4人は扇子を持ち、7人で見事な舞を見せます。この日はすぐ近くが横浜中華街というのもあり、中国的な要素を感じさせてくてるメロディーはこの日ぴったり。

「GPP」はクルーが10代のときに歌っていた楽曲というのもあり、曲始めに「久しぶりだね」「懐かしい」と口々に言っていたクルーはなんとも印象的。現在全員が20代となり大人の女性となった彼女たちですが、なんだかこの楽曲を歌っている7人はまるで10代に戻ったかのようなあどけない様子を感じ取ることはできました。




ここからはフライトも終盤戦。終盤戦となればPASSPO☆のロックスターである増井みおの煽りは恒例。増井みおから「それじゃあ、みんなー!ラストスパートです、ラストスパートです、みんな。みなさんラストスパート、横浜盛り上がっていけますかー?もっともっと声出せますかー?」で会場を沸かせたとこで「PlayGround」に突入。

ゾンビがテーマな「PlayGround」はゾンビ映画が好きな増井みおが中心となり展開される1曲。増井みおが6人のゾンビから逃げるストーリー性のあるダンスもぜひとも注目したいポイント。7人の息の合ったパフォーマンスに改めて酔いしれること間違いないでしょう。

結婚しても変わらない女の友情がテーマの「バチェロレッテは終わらない」。裏テーマがクルーとパッセンジャーの絆がテーマでもあります。解散発表をした今、よりクルーにとってもパッセンジャーにとっても響くものではないでしょうか。大サビではクルーが半円を作り中央に向かって指を鳴らす場面があるのですが、この日もクルーの距離がどんどんと縮まっていきクルーが集まっちゃうほど。今回のツアー初日である柏公演から見られるようになったこの光景は、今後別々の道を歩んだとしても変わらない絆があるというのを証明してくれるかのような景色に感じます。




ここで森詩織から「PASSPO☆は9月22日に解散します。それはみんなが知っているとおりなんですけど。解散を決めるまでに私たちたくさん話し合いました。悔しい結果になってしまったけど、それはみんなで考え出した答えだから悔いはない…悔いはないっていうか、最後までやり遂げようと決めたので最後までやり遂げたいと思います。そのときにたくさんいろいろな人から言葉をもらいました。友だちだったりとか母親だったりとか、尊敬する人だったりとかたくさんの人から意見をいただいて、こういう考え方もあるんだなっていうのをたくさん学びました。なんか世の中生きてて、言葉を気にして生きていると結構自分に当てはまることがあったりとかして、なんかそれもすごくおもしろいなって。森は今回の解散のことを考えることで、いろいろな言葉に触れ合って自分の中で整理をして答えを出しました。なので、この世の中生きていて本当に言葉がたくさんあると思います。偉大なる人だったりとか、ニーチェとか。いっぱい言葉があると思うんですけど、そういうのをみんなも見つけて、自分の心の中の想いとかを整理して、今後みんなが大人になっていく上で、いろいろなことが身についていい大人で死んでくれたらいいなってすごく思います(笑)その言葉の中にPASSPO☆の曲の歌詞も入れてほしいなって森はすごく思います。PASSPO☆解散してこの曲は7人でもう歌えなかったりすることもあるかもしれないけど、でも曲は残るので。なので、ぜひみなさんの心にPASSPO☆の歌詞をたくさん刻んでくれたらいいなって思います」と話された。

そんな森詩織の言葉から届けられる最後の楽曲は「Perfect Sky」。改めて1つ1つの歌詞を意識しながら聞いてしまうのではないでしょうか。PASSPO☆の楽曲に背中を押され救われ、時には涙も流し、PASSPO☆の楽曲で日々を過ごしてきたパッセンジャーも多くいるはずです。PASSPO☆の楽曲は少なからずパッセンジャーの中には永遠と歌われ続けていくのでないでしょうか。




アンコールは「You」からスタート。これもまた先ほどの森詩織の言葉のあとというのあり、グッと響く歌詞が多いのでないでしょうか。安斉奈緒美と藤本有紀美は台に乗って会場を煽ったりし会場を盛り上げます。晴れやかな笑顔でパフォーマンスする7人の姿はなんとも印象的。パッセンジャーがクルーと一緒に歌う場面があったりと、会場はラストに向け完全に1つになります。

ここで藤本有紀美から今後のPASSPO☆についてのお知らせをします。そんな中、森詩織はガムテープで何かを作成中。そしてそんな森詩織の様子に気づいた玉井杏奈。藤本有紀美の告知が終わり、玉井杏奈から「ゆっきぃ告知の尺長過ぎる。もりし(森詩織)のほう向いて」と言うと、森詩織は藤本有紀美の口に先ほど作った×マークのガムテープを貼り付けます。藤本有紀美の口からガムテープが剥がれそうになりますが、森詩織から「取ってんじゃねーよ!」と突っ込まれます。しかし、藤本有紀美は「汗でくっつかないからずっと吸ってた」とまさかの展開に根岸愛から思わず「いい子」との言葉が漏れます。

最後の曲はPASSPO☆の盛り上がりソングでもある「LA LA LOVE TRAIN~恋の片道切符~」で締めくくります。この楽曲ならではのコールにタオルが欠かせないナンバーであるため、会場の盛り上がりは必然。大盛況の中でフライトは幕を閉じました。




次回の「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to 中野サンプラザ~」は6月16日(土)東京キネマ倶楽部にて開催。SOLD OUTフライトも続出しているため、7人のフライトに搭乗できる貴重な機会です。



PASSPO☆
「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to 中野サンプラザ~」@F.A.D YOKOHAMAセットリスト

M-01.Music Navigation
M-02.じゃあね…
M-03.7’s Up
M-04.妄想のハワイ
M-05.ヘブンズバーガー
M-06.ラブリフレイン
M-07.NASA! ~なんであいつ好きなんだ、嗚呼~
M-08.Cosmic You
M-09.Shang Shang シャンデリア
M-10.GPP
M-11.PlayGround
M-12.Pock☆Star
M-13.BREAK OUT!!
M-14.Fairy Tale
M-15.バチェロレッテは終わらない
M-16.Perfect Sky

E-01.You
E-02.LA LA LOVE TRAIN~恋の片道切符~

記事/瀧澤 唯
撮影/山本ヤスノリ

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 超絶☆定期公演 …
  2. PASSPO☆「青年も、大志を抱け!ツアー」LCC便@原宿アスト…
  3. わーすた「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~funtas…
  4. PASSPO☆「青年も、大志を抱け!ツアー」@日本青年館ホール(…
  5. Ange☆Reve「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と…
  6. わーすた「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~funtas…
  7. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  8. 愛乙女☆DOLL「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と天…



PAGE TOP