ライブレポート

notall「notall 3rd Anniversary Tour Final ノタル本気だ。行くぜ!Zepp Tokyo!!」@Zepp Tokyo

9月10日(日)notallがZepp Tokyoにて「notall 3rd Anniversary Tour Final ノタル本気だ。行くぜ!Zepp Tokyo!!」を開催しました。

本公演は「notall 3rd Anniversary tour!」のファイナル公演。




大量のスモークがステージを覆い、その中から現れたのは新衣装を纏ったnotallの4人。記念すべきZepp Tokyo公演最初の曲は「マジ」。渡邊ちこからの「Zepp行くぞー!」の掛け声と共に銀テープが発射され、序盤から会場のテンションをぶち上げていきます。ツアーファイナル、そしてZepp Tokyo公演という大きな舞台というのもあり、4人の表情もいつもより晴れやかな印象を受けました。

「お肉Deナイト☆センセーション」では1度聞いたら耳に残ること間違いなしの1曲。この日はアレンジを加え、通常は渡邊ちこが“神戸牛”の部分を歌うのだが、片瀬成美、佐藤遥、田崎礼奈が順に“神戸”と言って段階をつけ、最後の渡邊ちこへの“神戸牛”へ繋げました。間奏部分では片瀬成美からの「叫べ、Zepp!」を合図にこの楽曲ならではの肉恋口上が発動。




MCを挟んでからは、今年の4月にリリースされた「君にDA-DA-DAN」を披露。アイドルらしさ満載の歌詞や振り付けが含まれた楽曲となっており、メンバーの元気一杯でキュートな姿を多く見ることができます。最後には田崎礼奈が“君が好き”の部分を“I Love You”にアレンジを効かせるなど、メンバーのテンションも自然と上がります。

notallの自己紹介ソングである「We are notall!!!!」。メンバーの特徴を捉えた個性溢れる歌詞には注目しながら聞きたいところ。CDにはいまだに未収録というのもあり、ライブのみでしか聞くことができない貴重な楽曲でもあります。

ここで会場からはピアノの音色が鳴り、メンバーもそのメロディーに合わせたダンスを披露。1人1人舞うその姿は麗しいそのもの。ちなみに、このダンスは片瀬成美による振り付けです。

その流れからの「フィルター」はさすがのもの。クールでかっこいいnotallの姿を見せるには最高の選曲です。先ほどまでの愛くるしい姿を見せていたメンバーとは違い、凛々しい表情を浮かべながらパフォーマンスする4人の姿には、先ほどまでとのギャップに思わずドキッとするほど。

ここでビジョンには最後のタワーを完成させよとの指令が出ます。今回のツアーで東京はスカイツリー、名古屋はテレビ塔、大阪は通天閣とのことで、Zepp Tokyoのタワーは果たして何なのか。ビジョンに表示されたメーターにある、1番上の赤い光を点滅させるために試行錯誤するnotall。ビブラート調の「べちこ~~!」などを試すが、なかなか点滅せず…。

とのことで、「カピバラ時速50km」に合わせて会場の力を1つにすることに。1番終わりに田崎礼奈から「パオーン!」や「カオーン!」の煽りで会場全体がウェーブすると、見事に赤色が点滅。気になったタワーは3周年記念ツアーロゴが左に90度に回転したものでした。




前日に音源が公開された「蝉時雨」をライブで初披露。壮大なスケールを感じさせてくれるメロディー、メンバーと重なるような歌詞などは、ファンの心にも思わずグッとくるものがあるのではないでしょうか。彼女たちの真剣な表情と全身全霊のパフォーマンスは、会場にいる多くのファンの記憶に深く残ったことでしょう。メンバーにとっても、ファンにとっても、これから大切になっていく1曲になるのではないでしょうか。

ビジョンには「HappyDays」のメロディーと共に、これまで歩んできた3年間が映ります。そのままピアノ伴奏で「HappyDays」を披露。メンバーの温かくも透き通った歌声に、会場中の誰もが真剣に耳を傾けていました。1番が終わるとメンバーは羽織っていたジャケットを脱ぎ、より爽やかな衣装にチェンジ。その後は通常バージョンの「HappyDays」を歌唱し、会場のボルテージを上げてくれました。

notallのデビュー曲である「恋のスマソークラ」では、2番のサビからサイン入りボールを客席に投げるサプライズ。ただ投げるだけではなく、バズーカで撃ったりテニスのラケットで打ったりと、ファンをとことん楽しませてくれます。実はこの日用意されたボールは1人100個の計400個。曲の終盤になってもまだ投げ終わらなかったため、佐藤遥と渡邊ちこはネットに入っているボールを一気に客席に放とうとしますが、遠心力でステージにボールが戻ってきてしまうハプニング。会場の誰もが笑顔に包まれた「恋のスマソークラ」になりました。

ちなみにこのサインボール400個の発案は渡邊ちこ。「サインボール投げるよって言ってももらえない人が多いと思うから、1人でも多くの人にチャンスを与えたいと思って」とのこと。ファンのことを大切にしているからこそ、実現できたことだと思います。




音楽業界でも大きな話題となっている無料配布CDである「CD売るの、辞めました。」に収録されている「#ハッシュタグはつけられない」。スピード感溢れるアップテンポナンバーに仕上がっており、ライブ終盤の会場を沸かすにはもってこいの1曲です。ハッシュタグをモチーフにしている振り付けがあるのも特徴です。

「ウサギツンデレラ」がきたら会場のテンションは最高潮に達します。数え切れないほどの拳が高々と上がったり、ファンが肩を組んでヘドバンをしたり、会場は文字とおり完全に1つとなっていました。曲名からは想像もつかないほど、パワフルで力強い楽曲になっており、今やnotallのライブには欠かせない1曲となっています。

最後の曲の前に田崎礼奈から「幸せなら手を叩こう、幸せなら足鳴らそう」の流れから「幸せなら鼻の下伸ばそう、幸せなら隣の人にまず挨拶しよう」と田崎礼奈ワールドで会場に笑いを与えてくれました。

ラストはnotallのタオル曲である「きらめけ☆tweet girl !!」で締めくくります。サビではタオルだけのみならず、サイリウムや腕など、もうこの曲がきたらとにかく何かを振り回しましょう。最後にはメンバー同士でハグをする場面があるのですが、いつもより力強い愛の込もったハグに思わずほっこり。メンバーの仲の良さを感じ取れる光景でした。




本編が終わり、会場中に響き渡るnotallコールの中、再びステージに登場したメンバー。

アンコールは「ミライ地球儀」からスタート。会場からの温かなクラップ、メンバーの最高の笑顔、Zepp Tokyoは間違いなくこの日1番幸せな空間であることを確信させてくれました。

特別この会場でやりたいというこだわりがないグループではありますが、佐藤遥から「いつかデビューした代々木公園でフェスがやりたいです。代々木体育館でライブがしたい」と発言。実はこの日のZepp Tokyoも、1年前の2周年記念ツアーである原宿クエストホール公演終わりに、渡邊ちこが社長に直談判して実現したもの。佐藤遥の宣言に会場は大きな拍手に包まれました

このライブの最後を飾るのは「READY GIRL」。来てくれたファンに最大級の感謝の想いを込めて、この上ない最高のパフォーマンスを披露するnotallの4人。彼女たちの真摯な姿には感動を覚えるほどでした。




2017年10月には第2弾となる「CD売るの、辞めました。」の配布、2017年12月には3回目となる「宴~notage~」の開催、2018年夏にはnotall主催フェス「ノタFES」の開催が決定。ちなみに「ノタFES」に関しては、開催するということだけで中身は未定とのこと。4年目を迎えたnotall、前代未聞の挑戦はまだまだ続きます。



notall
「notall 3rd Anniversary Tour Final ノタル本気だ。行くぜ!Zepp Tokyo!!」@Zepp Tokyoセットリスト

M-01.マジ
M-02.my baby, my lover
M-03.お肉Deナイト☆センセーション
M-04.君にDA-DA-DAN
M-05.ペンギン人間
M-06.We are notall!!!!
M-07.フィルター
M-08.UNU
M-09.カピバラ時速50km
M-10.蝉時雨
M-11.Don’t Give up!
M-12.HappyDays
M-13.恋のスマソークラ
M-14.#ハッシュタグはつけられない
M-15.ウサギツンデレラ
M-16.JUST NOW★
M-17.きらめけ☆tweet girl !!

E-01.ミライ地球儀
E-02.READY GIRL

notall公式サイト
notall公式Twitter

記事・撮影/瀧澤 唯

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. notall「@JAM EXPO 2018」@ブルーベリーステー…
  2. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  3. ロッカジャポニカ「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to…
  4. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  5. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  6. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  7. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  8. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 超絶☆定期公演v…



PAGE TOP