ライブレポート

愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!〜Road to “Brand-New-Stage”~7つの星が描く軌跡vol.5」@TwinBox AKIHABARA

8月30日(水)愛乙女☆DOLLがTwinBox AKIHABARAにて「Lovely Fighter!!〜Road to “Brand-New-Stage”~7つの星が描く軌跡vol.5」を開催しました。

4月から開催されている24ヶ月連続ワンマンライブ。今回で5ヶ月目となり、メンバーが目標としていたチケット120枚を見事にSold out。会場は前から後ろまで人で溢れ返っていました。




愛乙女☆DOLLが1曲目に持ってきたのは8月15日(火)発売の最新シングル「光のシンフォニー」。オリコンデイリーランキング第2位を獲得した楽曲です。会場には7色のサイリウムが鮮やかに輝いていたのが印象的。

続いて届けるのは「BRAVER」。前向きな歌詞、壮大なスケールを感じさせてくれるメロディーと、聞いていると思わず背中を押してもらう楽曲に仕上がっています。メンバーが中央に集まって腕を前に出し拳を握りしめる場面では、メンバーの熱い想いがこちら側にもとてもよく伝わってくるほど。

「蒼い空を望むなら」では愛乙女☆DOLLのかっこよさをとことん見せつけていきます。メンバーが見せるクールな表情にもぜひとも注目したいところ。ハルナ、佐野友里子による台詞も導入されているのがポイントです。大サビに入る直前では脚をダイナミックに蹴り上げるパフォーマンスがあり、思わず目を奪われるほどの迫力となっています。

夏の終わりを感じる8月30日(水)ですが「セツナツ、ダイバー」がきたら、夏の暑さは再び到来。この曲がきたらサビの部分をメンバーと踊るのはもはや恒例となっています。アップテンポナンバーでもあるため、会場を真夏のような熱気に包んでくれました。




MCでは朝比奈花恋から「今日は友里(佐野友里子)ちゃんより汗をかくぞー!おー!」と、グループで1番の汗っかきである佐野友里子より汗をかくと宣言。




MC後は愛乙女☆DOLLのキュートさがギュッと詰まった「カレンダーガール」を届けます。メンバーのかわいらしさと弾けるような笑顔が炸裂。メンバー同士でハグをする場面はなんとも微笑ましい光景です。DOLLER(愛乙女☆DOLLファンの呼び名)からの熱いコールや声援も送られ、序盤とは思えないほどの盛り上がりとなりました。

この流れから盛り上がり必至ナンバーである「LOVE♡BEAM」がくれば、会場のテンションはさらにアップ。この楽曲ももはやメンバーと一緒に踊る定番ソング。ぜひとも振り付けを覚えてメンバーと一緒に踊りたいところ。

かわいさ全開の愛乙女☆DOLLを見せた後は、「Bargain girl」で大人な愛乙女☆DOLLを披露。先ほどまでの愛くるしい姿とのギャップに、会場中の誰もが彼女たちに釘付けだったのではないでしょうか。メンバーが見せる大人な女性を感じさせてくれる表情には思わずドキッとしてしまうほど。

切ない歌詞である「ビターチョコ・バレンタイン」は歌い上げるメンバーの面持ちもどこか寂しげな様子。そんな中でも力強いパフォーマンスを見せてくれる彼女たちの7人の姿は、とても麗しいものでした。この曲の終盤には愛迫みゆによるウィンクがあるため、DOLLERなら必見です。

「キセキ」では再びメンバーのきらきらとした笑顔が解き放たれます。サビでの振り付けは簡単なものとなっているので、ぜひともメンバーの振り付けを真似して一緒に楽しんじゃいましょう。

「Brand-New-World」ではメンバーのパフォーマンスにも思わず熱が入ります。全身全霊とはまさにこのことでしょう。そんなメンバーの熱意にこたえるかのように、DOLLERもここぞとばかりに声援を送っていました。落ちサビでは愛迫みゆを中心に、6人が周りを囲むのが印象的。




ここまで6曲連続で披露してきた愛乙女☆DOLL。

MCでは太田里織菜から「超楽しかったね」とのこと。佐倉みきからも「やっぱらぶどる(愛乙女☆DOLLの略称)はノンストップだなと思いました」と話せば、安藤笑からも「全然苦じゃなくて楽しかったです」と、メンバー自身もとても楽しんでいた様子。

ハルナからは「ファンの人もすごく熱くてコールとかもすごかったですね」と言えば、愛迫みゆも「一緒になっている感じがしたね」と、ファンの盛り上がりもかなりもの。

メンバーの中でも汗をかく量が多い佐野友里子からは「この6曲で1リットルくらい汗かいている気がする」と言えば、会場に「みんな何リットルですか?」と謎の煽りも発生し、和やかな雰囲気となりました。




本編終盤はオリコンデイリーランキング第1位を獲得した「夜明け前、虹が差す」、24ヶ月連続ワンマンライブを開催している彼女たちだからこそ歌える「タイムカプセル~2年後の僕へ~」、まるで彼女たちを描いているかと思われる「High Jump!!」で締めくくってくれました。




アンコールは「エアプレーン」から始まり。愛迫みゆ、太田里織菜が掌を重ねて歌い始めるシーンは2人の強い絆を感じさせてくれます。サビでは手を横に大きく振るため、会場を見渡すと数え切れないほどのDOLLERの手やサイリウムを振っていました。

「流れ星」は幻想さと軽快さが混ざったアップチューンナンバーとなっており、最後に会場を沸かせるには最適と言っても過言ではありません。メンバーも持てる限りの力をここに出し尽くしていました。

ラストを飾るのは「GO!! MY WISH!!」。この楽曲は愛乙女☆DOLLにとって1番最初の楽曲になります。実はこの日のセットリストは、メンバーが目標としている地で披露したいセットリストとのこと。この曲を最後に持ってくるというのは感慨深いものがありました。




次回「Lovely Fighter!!〜Road to “Brand-New-Stage”~7つの星が描く軌跡vol.6」は9月29日(金)TSUTAYA O-Crestにて開催です。



愛乙女☆DOLL
「Lovely Fighter!!〜Road to “Brand-New-Stage”~7つの星が描く軌跡vol.5」@TwinBox AKIHABARAセットリスト

M-01.光のシンフォニー
M-02.BRAVER
M-03.蒼い空を望むなら
M-04.セツナツ、ダイバー
M-05.カレンダーガール
M-06.LOVE♡BEAM
M-07.Bargain girl
M-08.ビターチョコ・バレンタイン
M-09.キセキ
M-10.Brand-New-World
M-11.夜明け前、虹が差す
M-12.タイムカプセル~2年後の僕へ~
M-13.High Jump!!

E-01.エアプレーン
E-02.流れ星
E-03.GO!! MY WISH!!

愛乙女☆公式サイト
愛乙女☆DOLL公式Twitter

記事・撮影/瀧澤 唯

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. PASSPO☆「青年も、大志を抱け!ツアー」@日本青年館ホール(…
  2. 愛乙女☆DOLL「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と天…
  3. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  4. 愛乙女☆DOLL「@JAM EXPO 2018」@オレンジステー…
  5. PASSPO☆「@JAM EXPO 2018」@キウイステージ
  6. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  7. Ange☆Reve「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と…
  8. 東京女子流「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to 中野…



PAGE TOP