ライブレポート

ぷちぱすぽ☆「ぷちぱすぽ☆5thワンマンライブ~春の学芸会 in原宿ベルエポック~」@原宿ベルエポック

2018年3月21日(水・祝)ぷちぱすぽ☆が原宿ベルエポックにて「ぷちぱすぽ☆5thワンマンライブ~春の学芸会 in原宿ベルエポック~」を開催しました。



この日を持って解散となるぷちぱすぽ☆。2年10ヶ月の集大成ライブとなります。

解散ライブの1曲目に用意してきたのは黄金のバトンが欠かせない「サムライガール」。メンバーからメンバーへと渡される黄金のバトンには、この2年10ヶ月で培ってきた5人の熱い絆がギュッと詰め込まれているように見えました。間奏では各々がスポーツを表現するというのもあり、どのメンバーがどのスポーツを表現しているのか注目したいところ。

序盤からサポーター(ぷちぱすぽ☆ファンの呼び名)の掛け声が響く「全力スイマー」で会場のテンションをブチ上げていきます。サビではテンポも上がり、メンバーの動きもより軽快になるのが特徴。間奏で見せる藤本理子のキレのあるダンスに会場からは歓声が上がります。

ぷちぱすぽ☆をプロデュースしているPASSPO☆楽曲「LA LA LOVE TRAIN~恋の片道切符~」をカバー。この楽曲はタオル回しが欠かせません。メンバーはもちろんのことサポーターもタオルを回すため、会場を1つにするにはもってこいのナンバーです。



MCを挟んでからは「青春ドリーマー」からライブは再開。山本優菜の笛鳴らしから三三七拍子から始まり、イントロからグンと盛り上がる楽曲。サポーターからのコールに会場の熱気はとどまることを知りません。藤本理子から「ラストワンマンもっと声出していくぞー!」を合図に、大サビではメロディーのテンポが少しハ早まり、サポーターの掛け声も一層大きくなります。大盛況とはまさにこのこと。ここまで披露した楽曲はまだ5曲ですが、凄まじい盛り上がりとなっています。

「熱血ポジティブレヴォリューション」はイントロから元気よくステージ上を走り回るメンバーの姿が印象的。間奏ではメンバーがサプライズでサイン入りボールをサポーターに向かって投げる場面もあり、これにはサポーターも大興奮。野球がテーマの楽曲というのもあり、最後はマイクを通さずに元気よく「ありがとうございました!!」で締めくくります。



ここでビジョンには今日のライブのリハーサル映像が流れました。解散ライブというのもあり、サポーターも真剣に映像を見ます。

ここで応援団風の衣装にチェンジしてきたぷちぱすぽ☆。フラメンコ調のイントロが印象的な「結果オーライ!ケセラセラ!」を披露します。アップチューンナンバーでスピード感もあるこの楽曲では盛り上がり必至。サビではメンバーがステージ前方に出て掌を上下に振れば、その熱いパフォーマンスにサポーターも必然と振り付けを真似ます。

中国調のイントロがきたらチャイナレッド担当の千葉思佳フューチャーの「ピンポンの女王」に決まり。1度聞いたら耳に残る歌詞とメロディーは癖になる1曲。卓球のスマッシュを打つ振り付けがあったり、曲の世界観が見事に表現されているのはさすがのもの。最後に千葉思佳から放たれる波動はこの楽曲の見どころでもあります。

誰もが1度は聞いたことあるメロディーが印象的な「1.2サプライズ!」。思わずその場で足踏みをしたくなるような軽快なメロディーはなんとも心地良いもの。間奏ではメンバーがマラソンの場面を再現し給水タイムなどが行われ、間奏でもサポーターを楽しませてくれるのがこのグループの大きな魅力。

メンバーがイントロで円陣を組む「大和なでしこJAPAN」ではサポーターも円陣を組む一体感ぶり。間奏ではメンバーではなく、サポーターによる大合唱が起きました。これには千葉思佳も思わず目頭をおさえます。まさしくぷちぱすぽ☆とサポーターが1つになった楽曲。感動を覚えざるをえません。

藤本理子から「2年10ヶ月活動してきて成果って言うのかな?ライブを通してきて“我らぷちぱすぽ☆”とか歌ってくれるところとか、歌ってくれる人が増えたりサポーターさんが増えたりした成果かなって今しみじみしながら歌わせていただきました。本当に歌ってくださりありがとうございます」とコメントをくれました。

本編ラストを飾るのは「Go Fight!Fly High!」。イントロの“wo oh oh… wo oh oh…”では肩を組んで声を出したりメンバーコールもあったりと、まるで会場を突き破るかのような大声援がメンバーに送られます。そんなサポーターからの熱い想いにこえたるかのように、全身全霊のパフォーマンスを届けるぷちぱすぽ☆の姿は瞬きを忘れるほど見入ってしまうほど。“ニッポン チャチャチャ”では“ぷちぱ チャチャチャ”に歌詞が変更され、この日ぷちぱすぽ☆から旅立つ5人に贈られたエールにも思えました。



アンコールは「メラメラジャンピン」から始まり、さらに会場のテンションを上げていきます。曲中にはジャンプをしたり間奏ではサポーターを煽ったりと、会場の熱気は上昇するばかりです。

ここで1人1人コメントがありました。

涙を流しながらも、自分の言葉でしっかり伝えるメンバー。サポーターへの感謝、スタッフさんへの感謝、家族への感謝、そしてプロデュースしてくれたPASSPO☆への感謝。加入経緯、10代という若さでアイドルを経験し辛かったことや楽しかったこと、今後のことも自らの口できちんと伝えた5人。彼女たち5人の真剣な言葉に会場の誰もが耳を傾けていました。

1人1人のコメントの後は、ぷちぱすぽ☆のお祭りソングである「ウルトラサンバ」を披露。スピード感ある盛り上がり必至ナンバーで会場は一気にお祭りの雰囲気に一転。“支えてくれるサポーター”という歌詞があり、まさに2年10ヶ月の活動を象徴している歌詞。



ダブルアンコールに応えて再びステージに登場したぷちぱすぽ☆の5人。最後の曲はぷちぱすぽ☆の始まりの曲でもある「サムライガール」で締めくくります。黄金のバトンを渡していくその姿は、この5人がずっとぷちぱすぽ☆と象徴させてくれるような光景でした。

2年10ヶ月走り続けてきたぷちぱすぽ☆の5人。千葉思佳、外園愛理、八木ひなた、藤本理子、山本優菜の5人だからこそ成り立ったぷちぱすぽ☆は2018年3月21日をもって解散。笑いと涙に包まれたライブは最後までぷちぱすぽ☆らしさが健在したライブでした。



ぷちぱすぽ☆
「ぷちぱすぽ☆5thワンマンライブ~春の学芸会 in原宿ベルエポック~」@原宿ベルエポックセットリスト

M-01.サムライガール
M-02.全力スイマー
M-03.LA LA LOVE TRAIN~恋の片道切符~/PASSPO☆
M-04.青春ドリーマー
M-05.ハレルヤ/PASSPO☆
M-06.夏空ダッシュ/PASSPO☆
M-07.熱血ポジティブレヴォリューション
M-08.結果オーライ!ケセラセラ!
M-09.ピンポンの女王
M-10.ピンクのパラシュート/PASSPO☆
M-11.1.2.サンライズ!
M-12.大和なでしこJAPAN
M-13.Go Fight!Fly High!

E-01.ウルトラサンバ

WE-01.サムライガール

ぷちぱすぽ☆公式サイト
ぷちぱすぽ☆公式Twitter

記事・撮影/瀧澤 唯

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. 愛乙女☆DOLL「ハルナバースデーライブ2018」@東京キネマ倶…
  2. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!〜Road t…
  3. PASSPO☆「歌って踊って奏でるツアー2017→2018」(1…
  4. PASSPO☆「モバイル会員限定クリスマスイブイブ便(1部)」@…
  5. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 超絶☆定期公演v…
  6. notall「notall 3rd Anniversary To…
  7. PASSPO☆「すてんだっぷガールズ!~第1話 ダメダメ怪獣にご…
  8. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …



PAGE TOP