ライブレポート

predia「predia tour “THE ONE”(夜公演)」@ヒューリックホール東京

2018年12月2日(日)prediaがヒューリックホール東京にて「predia tour “THE ONE”」を開催しました。

こちらでは夜公演のレポートをお届け。




本ツアーでは恒例となったメンバー紹介から夜公演も始まり。個性溢れる歌詞にも注目しながら聞きたいところ。メンバーコールする場面もあるため、推しメンの名前をここぞとばかりに叫びましょう。

1曲目は「SUOER WOMEN」から始まり。パワフルで力強く、そして大人アイドルならではの妖艶さで会場を魅了。” Wow oh Wow oh”の部分はぜひともメンバーと一緒に声を出すファンも多く、会場からは大きなクラップも鳴り響きます。序盤からこれはprediaだ!というのを余すことなく見せていき、その光景は釘付けになること間違いありません。

「Fabulous」はAメロからサビにかけ徐々にテンポがアップしていく楽曲。サビではまるでファンを誘うかのような振り付けも入ったり、その際に見せる大人の女性ならではの表情にドキッとするほど。10人がVの字に並ぶフォーメーションは、人数を活かした見事な見栄えとなっています。

「カーテンコール」はprediaの最新ナンバー。会場からは自然とクラップが鳴り響き、prediaが見せるバーレスクショーに会場のテンションも上がります。サビでの振り付けは真似るファンが続出。推しメンに向かってぜひとも右手を前に差し出しましょう。間奏ではまえだゆうの” Here we go!”を合図に、10人が見せる大人なパフォーマンスに会場からは歓声が起こるほど。その直後にはprediaのスペルを1字ずつ言うというのもあり、ファンもメンバーと共に声を揃えます。prediaが見せる圧巻なショーに酔いしれることでしょう。




自己紹介を挟み、湊あかねが会場を煽ったあとにはprediaの盛り上がり必至ナンバーである「Dream Of Love」を披露。煽りを無駄にすることなく、流れをそのままにし曲に繋げるのはさすがのもの。メンバーが歌った後にファンも歌う箇所があるのがこの楽曲の特徴。会場は既に1つになっているほど、文字通り大盛況という言葉がなにより似合っていました。

「Dream Of Love」の最後は湊あかねのフェイクで静かに終わるのですが、それを終わらせることなく、「WAKEARI」にすぐさま突入。アレンジの効いたその演出に会場からは思わず歓声が上がります。

ここでステージ上には青山玲子、湊あかね、林弓束、水野まい、桜子が残り、この5人で披露するのは「SHADOW PLAY」。パワフルと力強さを感じさせてくれる本楽曲は5人のかっこよさをさらに引き立てます。この楽曲は元カノ目線の歌詞でもあり、後に登場するとある曲と深い関係性があるのもポイント。

ステージに再び10人が揃ったところで会場はピアノの音色と水が滴る音が聞こえてきます。その流れから入るのは「Addicted To Your Secret」。これは村上瑠美奈、湊あかね、桜子だけが歌唱を担当し、残りの7人はダンスパフォーマンスのみという、prediaでは珍しいパフォーマンス形態。2番では桜子がステージに上に座って歌う場面があり、曲の世界観である寂しさを強調しているように見えます。




ここでビジョンには「prediaの楽屋に潜入してみた」の映像が流れます。先ほどの昼公演でも流れたものですが、実は内容は昼公演と違っているというのもあり、昼公演が来た人でも楽しめるものになっています。よくギャグを披露する松本ルナはギャグの練習をしたり、日頃から子どものように元気なまえだゆうは楽屋案内をしているアルパカの鼻に指を入れたり、忘れ物することが多くおっちょこちょいな青山玲子はジュースをこぼしてしまったりなど、prediaの個性を捉えた映像となっていました。

衣装チェンジをしてステージに登場し、続けてはスローテンポな「Hotel Sunset」を披露。” ピーチ、マンゴー&バナナ♪ホットスポット is in Havana♪”の振り付けはライブでもレクチャーされることが多くとても簡単というのもあり、数多くのファンが真似ていました。披露されることがとても多い楽曲でもあるので、ぜひとも覚えてprediaと一緒に踊りたい1曲。最後はメンバー1人1人が違うポーズで締めくくるのも特徴です。

ここでステージにはまえだゆう、村上瑠美奈、岡村明奈、松本ルナ、沢口けいこの5人が残り「Secret of Light」を披露。先ほどの「SHADOW PLAY」とは対になっている曲で、この楽曲は今カノをテーマにした楽曲。そのため曲調も明るく爽やかなものになっており、メンバーの表情もとても晴れやかな印象を受けます。リズムに合わせてクラップできる場面が多くあり、聞いているだけで思わず楽しくなってしまいます。




MCでは先ほどの映像で松本ルナが練習していたギャグを披露。「ヒュ~リックホ~ル!バン!パチパチ」と渾身のギャグを披露すれば、会場からは「たーまやー」と返すファンも。普段すべることが多い松本ルナですが、まえだゆうは「うけてるじゃん!」と言い、返してくれたファンに対し沢口けいこは「相方いるじゃん」と言えば会場からは笑いが起こるほど。

11月23日に結成8周年を迎えたpredia。村上瑠美奈は「大阪名古屋とか今でこそ新幹線で行かせてもらっていますけど。最初は車で移動してたの、みんなで。ちゃんころぴー(まえだゆうのニックネーム)とハイエースの1番後ろの席の長いところ、4人掛けのところを2人でめっちゃ取り合って。めっちゃ蹴飛ばしあいながら」と当時のエピソードを話してくれました。林弓束は「あれでみんな集合早くなったよね、ハイエースの座席取り合いで」とのこと。

ちなみに松本ルナは1時間前から集合場所にいるとのこと。松本ルナは「1時間前にスタンバイして、みんなをおはよう~って迎えるの」となんとも素敵な話。

まえだゆうは「しかしさ!大阪と名古屋行ったけど、ちゃんころぴーね、1番名古屋の思い出あるんだけどね。名古屋のタクシー待ってて。みんなでじゃんけんして、じゃんけん勝った人から乗るんだけど、らっちゃん(桜子のニックネーム)と超待ってたよね」と笑顔で言うと桜子は「あれはマジでやばかった。忘れもしない。もうね、すぐ来るって言われたの。2台先に来てて、もう1台すぐくるのでって言われて。ちゃん(まえだゆうのニックネーム)と2人だったんだけど待てって。30分経っても来ないわけよ、タクシーが。40分経っても来なくて。マネージャーさんに電話して『待ってるけど、来ないんですよね』って。『外で待ってるですか?冬に。もうちょっとで来るんで』って言われて、そっからもうちょっとから1時間経って、結局1時間半経って。もうお腹も空いているし、早く行きたいわけじゃん。でも、ちゃんはさ『しかし、多分タクシー来なかったら来なかったらでなんとかなるよー!』とか言って、なんとかなんないだよ。帰れないんだよって」となかなか深刻な状況にも関わらず、まえだゆうの発言に会場も思わず笑いが起こります。

まえだゆうは「しかし紙風船がちょうどあったの。だから紙風船膨らませて、始めはそれで遊んでたんだけど、最後全然遊んでくれなかった。すっごい携帯見てた」とのこと。桜子は「だって2時間経っても来ないのに『しかし、タクシー来なくてもさ、そういうのって気の持ちようだからさ、大丈夫だよらっちゃん』って大丈夫じゃない。帰れない帰れない。結局3時間待ったからね」に会場からは驚きの声もあがった。

沢口けいこが「ツアーとかと全然関係ないんだけどさ、8周前の初期のときのルナのレッスンシューズくそださかったの」の発言に、松本ルナから「やめろー!」との言葉が出ます。実はこのレッスンシューズに関して松本ルナは「初めてのレッスンで持ち物にヒールとスカートを履いてきてくださいって言われたのね。初めてヒールで踊るとなったら、普通のヒールじゃ足痛くなるよねって、お母さんと2時間ぐらい靴を選んだら…」と話すと沢口けいこは「そうだったの?」とどこか慌てた様子。続けて松本ルナは「就活シューズが1番クッション性がよくて、これで絶対大丈夫だって言ってそれにしたんだけど。今日お母さん来てる」に会場からは笑いとどよめきが起こります。ここでまるで掌を返したかのように林弓束は「ルナってマジでおしゃれだよね」と言い出したり、岡村明奈はprediaのおしゃれ番長である村上瑠美奈に「瑠美奈も見習ったほうがいいよ」と言えば、村上瑠美奈は「どこで買ったの?」と言い出すなど、そのやり取りに会場は大盛り上がり。

さらに岡村明奈は「そのときにおしゃれだったのが、ルナルナ(松本ルナのニックネーム)キティちゃんが大好きで。キティちゃんのくるぶしにキティちゃんがHelloとやっているやつと、キティちゃんがHelloってやってるTシャツ着てた」と言えば、沢口けいこは「あっきー(岡村明奈のニックネーム)が1番悪いやつじゃん」に会場はもはや笑いの渦に包まれていました。




改めて村上瑠美奈から「8年もみんなと一緒にいてさ、prediaっていう存在が家みたいな、自分の居場所になってて。本当に安心するし、ここに私の存在があるって感じる場所でもあって。それはこの先もずっと変わらないんだろうなって思うんですけど。でも、こうやってこんな存在を築いてこれたのも、8年間の中で出会ったたくさんのファンのみんなだったり、スタッフの方々の支えがあったからこそだと思っています。本当にみなさんありがとうございます。この先もprediaはprediaらしく、10人がさらに輝いていく姿をみんなに見てもらえるように頑張っていくので、一緒にいてくれたら嬉しいです」との言葉がありました。

その言葉から届けられるのは「You ‘re my hero」。この楽曲はメンバー全員で作詞に携わり、ファンに向けた楽曲となっています。会場に集まった数えきれないほどのファンの顔を見ながら歌う彼女たち10人の姿はグッと響くものがあります。順風満帆とは言えない8年間でしたが、彼女たちの8年間があるのは紛れもなくここにいるファンのおかげでもあります。感謝の想いを伝えるかのように歌う彼女たちの姿に、会場中の誰もが見入ったことでしょう。

今の時期にぴったりな「Melty Snow」。メンバーの佇まいがとても美しいのが印象的な1曲でもあり、ぜひともパフォーマンスに注目したい1曲でもあります。自分たちの年齢をまさしく活かした楽曲ではないかと思われます。

メロディーに和楽器の音が随所に取り入れられている「禁断のマスカレード」。激しく、力強く、パワフル、かっこよさと、これらのすべてが兼ね備えられている本楽曲。彼女たちが見せる最高のパフォーマンスには一瞬たりとも目が離せません。間奏にある湊あかねの圧巻なシャウトには、身震いするほどの歌唱力となっています。

本編ラストはprediaの代表曲である「The Call」で締めくくります。もはや説明不要と言いたいほど、prediaの鉄板ナンバー。” Wow Wow WowWow Wow”の場面では掌を高く上げ激しく上下に振るのですが、会場には数え切れないほどのペンライトと掌が上がっており、会場の一体感は凄まじいもの。特に大サビでは鳥肌が立つほどの一体感と盛り上がりぶり。この日、世界中のどこよりもこの場所が最大の熱気に包まれたのではないでしょうか。本公演ではニコニコ生放送の生中継が入っていましたが、” Wow Wow WowWow Wow”の箇所は「おおおおおおおおおおお」で画面が埋めつくされるのがもはや恒例です。




アンコールはメジャーデビュー曲の「壊れた愛の果てに」から始まり。prediaにとって大切なナンバーをアンコールの最初に用意してきました。

いよいよ次がセミファイナルラストの曲。岡村明奈が「今日の、今日の今日の今日の、ラストの曲になりまーす」と言ったら、会場からはもちろん「えぇー!」との声が響き続きます。すると、その光景を見ていた湊あかねが「じゃあ10分持ったらもう1曲やってもいいよ」と言えば、メンバーから「死んじゃう、死んじゃう」「死人が出る」と突っ込みが入る展開に。

岡村明奈は「最後の曲は笑顔をいっぱいいただきたいんですけど。最後の曲はこうやってやる振り付け(親指と他の4本の指を合わせて離すを繰り返す)がありまして、私たちがこれで笑顔を吸い取っちゃうぞー!」と言えば会場からは笑いが起こり、メンバーも「吸い取っちゃうの!?」「マジで!?」と口々に。青山玲子も「竹中先生(振付師の竹中夏海)もびっくりだよ」と一言。岡村明奈は続けて「今日はこんなにたくさんの人が来てくれたから、特別に今日は吸い取っちゃうぞ」と岡村明奈ワールドが炸裂。ここで桜子が「吸い取って、わぁーって吐くけどね」と見事な返しを言えば、会場はさらなる笑いに包まれます。

最後の曲は爽やかさあふれるアップチューンナンバーの「Re-Make」。序盤から岡村明奈が言っていた振り付けが登場するのですが、先ほどの内容があったというのもあり、やたらと表情がニヤニヤなメンバーが多数。松本ルナは実際に吸い取るかのような振り付けをしており、遊び心を見せてくれました。聞いていると思わず楽しくなる明るいナンバーで、大盛況のままセミファイナルを締めてくれました。




prediaは12月19日(水)ベストアルバム「Best of predia”THE ONE”」を発売。2019年2月2日(土)にはグループ史上最大規模となるTOKYO DOME CITY HALLにてワンマンライブの開催が決定。まだまだ進化と成長を見せ続ける大人アイドルpredia。彼女たち10人が見せる圧巻とも言えるそのショーを、ぜひとも その目に焼き付けにきてください。



predia
「predia tour “THE ONE”(夜公演)」@ヒューリックホール東京セットリスト

M-01.SUPER WOMEN
M-02.Going to Ride
M-03.Fabulous
M-04.カーテンコール
M-05.Dream Of Love
M-06.WAKEARI
M-07.SHADOW PLAY(青山・湊・林・水野・桜子)
M-08.Addicted To Your Secret
M-09.Hotel Sunset
M-10.Secret of Light(まえだ・村上・岡村・松本・沢口)
M-11.You’re my Hero
M-12.Voyage
M-13.Melty Snow
M-14.禁断のマスカレード
M-15.The Call

E-01.壊れた愛の果てに
E-02.Re-Make

predia公式サイト
predia公式Twitter

記事/瀧澤 唯
撮影/山本ヤスノリ

【関連商品】

/td>

【関連映像】

関連記事

  1. Ange☆Reve「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と…
  2. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  3. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  4. predia「predia “THE SHOW…
  5. 愛乙女☆DOLL「ハルナバースデーライブ2018」@東京キネマ倶…
  6. PASSPO☆「青年も、大志を抱け!ツアー」第2部@原宿アストロ…
  7. わーすた「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~future…
  8. なんきんペッパー「1stワンマンライブ~なんペッの本気みせたるで…



PAGE TOP