ライブレポート

SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 超LIVE 2019 ~新たなる道へ~」@Zepp DiverCity TOKYO

2019年1月11日(金)SUPER☆GiRLSがZepp DiverCity TOKYOにて 「SUPER☆GiRLS 超LIVE 2019 ~新たなる道へ~」を開催しました。1期生である渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、2期生である浅川梨奈、内村莉彩の卒業ライブとなり、SUPER☆GiRLS第3章の締めくくりとなります。




まずはSUPER☆GiRLSの第4章となるメンバーの渡邉幸愛、石橋蛍、阿部夢梨、長尾しおり、そして12月19日にSUPER☆GiRLSの新メンバーとして加入した金澤有希、石丸千賀、坂林佳奈、井上真由子、門林有羽、樋口なづな、松本愛花の11人が登場。SUPER☆GiRLSの新リーダーとなった渡邉幸愛が「宣誓!私たちSUPER☆GiRLSは清く正しく、100%の笑顔で第4章もアイドルの花道を突き進むことを誓います」と宣誓すると、SUPER☆GiRLSの代表曲の1つでもある「花道!!ア~ンビシャス」から幕開け。新メンバーである石丸千賀が「SUPERLIVEいくよー」と会場を煽ったりしていたのも印象的でした。

「華麗なるV!CTORY」では金澤有希が「みなさん一緒に踊ってください」と煽れば会場は数えきれないほどのファンが振り付けを真似るほど。金澤有希はSUPER☆GiRLSの妹分にあたる元GEMのメンバー。彼女がSUPER☆GiRLSの新メンバーになったことに驚きを受けたファンも多いのではないでしょうか。間奏の見せ場となっている渡邊ひかるのダンスパートは渡邊幸愛に受け継がれ、ラストに浅川梨奈が担当していた”V!CTORY”の箇所は阿部夢梨に受け継がれていました。

その後は第4章となる初のシングルとなる、2月27日発売21thシングル「コングラCHUレーション!!!!」を歌唱。新メンバーに特化した振り付けもあったりと、第4章の始まりとしてはぴったりとなっています。さらにはカップリングとして収録される「Give me Love me!チョコ」をこの日初披露。SUPER☆GiRLS史上初となるバレンタインソングとなっています。メンバーがチョコレートをあげる場面があったりと、キュートな振り付けがギュッと詰まった楽曲となっており、今後披露される機会もとても多いことでしょう。




第4章が4曲披露したとこで、次はいよいよSUPER☆GiRLSの第3章のライブが幕開けとなります。1人1人順番に登場し、会場のボルテージは上昇していくばかり。渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、浅川梨奈、内村莉彩、渡邉幸愛、石橋蛍、阿部夢梨、長尾しおりの9人が揃うステージも今日で見納めとなります。

第3章のステージは「赤い情熱」から始まり。第3章のステージの序盤とは思えないほどファンからの熱いコールが響き、それに応えるように全力のパフォーマンスで会場を魅了していく9人。パフォーマンス力が高いのも好評であるSUPER☆GiRLSですが、この楽曲で早速実感させてくれます。

「絶対自分前進宣言!」では腕を全力で回す箇所があり、ファンもメンバーと共に持っているペンライトやタオルを全力で回します。宮崎理奈が大きいフラッグを持って左右に大きく振ったりと、そのど派手なパフォーマンスで会場を沸かせます。大サビでは自身の担当カラーであるタオルを持って振るなど、1曲で様々な姿を見せてファンを楽しませてくれるのはさすがのもの。

「ギラギラRevolution」はSUPER☆GiRLSの盛り上がり必至ナンバー。サビではメンバーと一緒に踊ったり飛び跳ねたりと会場は大盛り上がり。この日も2番終わりにある渡邉幸愛コールは健在。会場を突き破るかのようなコールで既に一体感に包まれていました。

「わがまま GiRLS ROAD」は第3章ラストシングルとなる楽曲。イントロから息の合ったパフォーマンスで会場を魅了します。王道アイドルのイメージが強いSUPER☆GiRLSですが、この楽曲ではかっこいいメンバーの姿を見ることができます。笑顔の中にある凛々しいメンバーの表情は必見。ダンス力の高さに定評があるSUPER☆GiRLSが見せるその姿は一瞬たりとも見逃せません。




MCでは自己紹介を挟み、溝手るかが「セットリストを組んでたときに気づいちゃったんですよ。この9人でしか歌えない曲があるなって」と話せば、阿部夢梨が「泣いちゃうんだけど」とのこと。そんな阿部夢梨に対し浅川梨奈は「夢梨、知ってる?そこに非常口あるから帰っていいよ」との発言にファンからは思わず笑い声がこぼれます。

この9人だからこそ歌える楽曲とは「恋してYES~これが私のアイドル道~」。この楽曲はメンバーの自己紹介ソングとなっており、各メンバーの個性溢れる歌詞にも注目したい1曲。メンバー名を呼んだりコールをする箇所があるため、ファンにとっても楽しめる楽曲となっていることでしょう。ビジョンにはメンバーに合わせた映像が流れていたのも印象的。元々iDOL Street楽曲として歌われていた楽曲というのもあり、懐かしさを感じるファンもいるのではないでしょうか。

「恋愛ルール」のイントロが流れれば会場からは歓声が上がります。内村莉彩からの歌い出しというのもあり、会場は内村莉彩の超絶カラーであるロイヤルブルーのペンライトで照らされます。渡邉ひかると浅川梨奈はカメラに向けて手を振ったりと、そのサービス力がさすがのもの。恋愛ソングというのもあり、愛くるしい振り付けが多いのもこの楽曲の特徴です。阿部夢梨の”好きです”に会場からは歓声が上がります。宮崎理奈の”好きっていう想いは負けないよ“をまさかの真顔で言うと、浅川梨奈から「最後だよ、これ」との突っ込みも入るなど。

「夢の引力」では2番からメンバーがサイン入りボールを投げる粋なサプライズ。石橋蛍は最前列のファンにハイタッチしにいくなど、歌詞を忠実に再現した見事な演出はお見事。溝手るかを中心にメンバーが真ん中に集まりギュッとしにいく場面もあり、メンバーの笑顔溢れるパフォーマンスがなんとも印象的でした。ラストは腕を振り上げる箇所があり、ファンも共に拳を振り上げるほどの一体感ぶり。

「常夏ハイタッチ」では内村莉彩がステージ端にいる渡邉ひかるのとこまで足を運び、ハグしあうなど微笑ましい場面もあったり、渡邉ひかる宮崎理奈の1期生コンビが間奏ではダンスパフォーマンスを披露。階段を使ってメンバー同士でハイタッチをしたりと、ステージの活かし方がさすがのもの。長尾しおりが「ラストみなさん手を上げてくださーい」と言えば、メンバーと数えきれないファンでのハイタッチがされていました。

宮崎理奈が「ここからはみなさんにタオルやTシャツをプレゼントしちゃいます」と言えば「プリプリ♥SUMMERキッス」を突入。渡邉ひかる、浅川梨奈、内村莉彩はバズーカを持ってステージに登場。最初のサビでは内村莉彩と渡邉ひかるがバズーカーを客席に向け打ち、ラストは浅川梨奈が放ってくれました。渡邉ひかると石橋蛍はステージの端で積極的に会場を煽り、客席をさらに沸かしていたのが印象的。

「NIJIIROスター☆」では序盤の掛け声に合わせて手を左右に大きく振ったり、会場が1つになるにはぴったりの1曲。阿部夢梨と渡邉幸愛がじゃれたりと、メンバー同士の絡みが多いのも印象的な1曲。間奏では溝手るかが阿部夢梨にハグしたりと、微笑ましい様子が随所に見ることができました。

渡邉ひかるが「続いての曲はずっと歌い続けてきたこの曲」と言えば、溝手るかが「会場みんなで1つになっていきましょう」からの、続けて宮崎理奈が「それではいきますよ」から届けられるのは「Be with you」。SUPER☆GiRLSの初期から歌われ続けてきたこの楽曲は、小室哲哉作詞作曲による名曲。1人1人が言うセリフはとても突き刺さるものとなっています。




ここで「Dance Anthem~Show Chick Buy~」として渡邉ひかるがソロでタップダンスを披露。SUPER☆GiRLSの中でもダンス担当の呼び声がある渡邉ひかるのレベルの高いタップダンスに会場中が釘付けとなります。その後、渡邉ひかると溝手るか、溝手るかと宮崎理奈、溝手るかと宮崎理奈と浅川梨奈の組み合わせでダンスパフォーマンスを披露し会場を魅了すれば、ラストは渡邉ひかるが再びソロで締めくくってくれました。

内村莉彩がソロでミディアムナンバーの「約束の花束」を歌います。ビジョンには加入当初から今までの映像が流れ、途中からは今この瞬間ステージで歌っている内村莉彩の姿に切り替わります。会場は内村莉彩の超絶カラーであるロイヤルブルーのペンライト1色で覆われ、その光景はなんともきれいなもの。歌唱中、堪えきれなくなり涙を流しながら歌を届ける彼女の姿は、多くの人の目に焼き付いたのではないでしょうか。

続いては浅川梨奈がソロで「ティアラの条件」を届けます。浅川梨奈は2012年SUPER☆GiRLSの妹分にあたるiDOL Street第3弾グループGEMのスターティングメンバーに選抜されていましたが、最終選考で惜しくも落選。浅川梨奈は「人生のドン底を味わって、アイドルを辞めようと思ったとき、私を救ってくれたのはこの曲でした。全てのかたに感謝の気持ちを込めて歌いたいと思います」と本曲を紹介。

この楽曲は、静岡朝日テレビで放送されていた「コピンクス!」のキャラクターであるコピンクの2代目が歌唱していた楽曲。当時、コピンクの声を担当したのが浅川梨奈というのもあり、彼女にとっては大切な楽曲となっています。浅川梨奈の超絶カラーはミントグリーンですが、この楽曲を歌唱する際はピンクの衣装で登場。会場もピンクのペンライトで照らされていたのがなんとも印象的でした。

宮崎理奈はGIRL NEXT DOOR楽曲「偶然の確立」を披露。2010年「avexアイドルオーディション2010」で宮崎理奈が実際に歌唱した曲というのもあり、ビジョンには当時のオーディション映像が流れます。宮崎理奈は溢れる涙をこらえながら「8年間、みなさんずっっと応援してくれてありがとうございます。これからも頑張ります。応援よろしくお願いします」と言葉を絞り出していました。

続いてはステージには溝手るかが登場し、宮崎理奈と共に「GLORY」を届けます。顔を見合わせて歌う箇所では、8年半近く共に過ごした絆すらも感じさせてくれました。

宮崎理奈がステージを去った後は、渡邉ひかるが登場。「My dream」を歌う溝手るかに合わせて、渡邉ひかるはダンサーとしてパフォーマンス。実はこの楽曲、2018年6月に卒業した、2人の同期でもある志村理佳と共に披露していた曲というのもあり、2人にとっては想い出の曲でもあります。

その後、渡邉ひかるは「Namidance Rainbow」と題したダンスパフォーマンスをソロで披露。SUPER☆GiRLSの中でもダンススキルの高い、表現力豊かな渡邉ひかるのダンスは見逃し厳禁となっています。




卒業ライブでは欠かせない白衣装に着替え「Dear~未来の地図~」を披露後、卒業メンバーから1人ずつ挨拶がありました。

内村莉彩は「改めまして内村莉彩は、本日をもちましてSUPER☆GiRLSを卒業します。2014年2月23日にSUPER☆GiRLS2期生として加入してから、本当にたくさんのみなさんに支えていただいたんだなって改めて感じています。最初は加入自体が初めてで本当にすごく戸惑って『なんでこの子が?』っていう声もずっと聞いてて。本当にこれでいいのかな?辞めたら楽になるんじゃないかな?って考えたときもありました。だけどちゃんと乗り越えて、スパガに2期が入ってよかったって言ってもらえて、これで本当によかったんだって。私はここにいていいんだって。本当の意味でスパガのメンバーとして認められたような気がしました。加入当初、本当に何もできなかった自分を見捨てないでいてくれて、手を差し伸ばせてくれた1期の3人。今はもう本当に頼もしくなっている3期。そして性格は本当にでこぼこだけど、ずっと隣にいてくれて支えてくれた同期の2期。本当にずっと側にしてくれてありがとうございました。卒業後は事務所を離れて、芸能界からも一旦離れて、別の場所で勉強してまいります。だけど、芸能界に戻ってくることはもちろん前向きに考えているので、まずはその勉強という目標に向かって頑張りたいと思っています。いつも味方になってくれたファンのみなさん、支えてくれたスタッフさん、お世話になった関係者のみなさん、大好きなメンバー、そして何よりもいっぱい迷惑をかけちゃったけど、いつも1番近くで応援してくれた家族。本当にみんなに出会えたことが私の人生の宝物です。スパガに入って約5年、アイドルになって6年7ヶ月、私の青春は全てスパガに捧げました。長い間たくさんの愛を、みなさんありがとうございました」と挨拶。




浅川梨奈は「今日まで支えてくださったみなさま、本当にありがとうございました。私はアイドルらしいアイドルじゃないし、すぐいろいろな人と喧嘩するし、メンバーのこともいっぱい困らせたし。ファンのみなさんにも『なんで浅川なの?』って…全部見えるから、見てたから、それ。Twitter見てるんだから全部わかってるんだから。でも、どんなときでも味方でいてくれて側にいてくれて、なにより自慢のファンでいてくれたみなさま、本当にありがとうございました。6年7ヶ月のアイドル人生の約5年をSUPER☆GiRLSにいます。私はSUPER☆GiRLSが心から大好きです。2010年に出会って、自分がまさかここで、8年半支えてくださったメンバー3人や、私がSUPER☆GiRLSに憧れて好きになったきっかけをくれた美麗ちゃん(田中美麗・2018年3月卒業)や、その他の12人のメンバー。その他って全員入れちゃった(笑)本当に1期の12人がいたから、今私はここにいます。そしてかわいくてかわいくて仕方がなくて、産んでないのに娘みたいな気持ちでなかなか子離れできないんですけど。かわいくて仕方がない3期生も立派になりました。これからのSUPER☆GiRLSはきっと彼女たちが引っ張っていってくれると思います。期待しています。そして最初から最後までずっと一緒だった莉彩ちゃん。絶対腐れ縁なんですよ。一緒にGEM落ちてるんですよ(笑)ずっと隣にいてくれてありがとう。そして幸愛。大好き。それだけじゃないよ(笑)本当にたくさん喧嘩もしたしぶつかることもあったけど、幸愛がいてくれたから、乗り越えられたこともたくさんあったし、心の支えでした。ありがとう。私はもし生まれ変わってもSUPER☆GiRLSのメンバーでいたいです。この5年間、私にたくさんの宝物をくれてありがとうございました。今後は女優として、みなさまにもっともっと活躍を見ていただけるように。そしてSUPER☆GiRLSと一緒に成長していけるように頑張っていきたいと思います。本当にみなさんありがとうございました」と言葉をくれた。




宮崎理奈は「本日をもちまして8年7ヶ月全力を注いできたSUPER☆GiRLSを卒業します。そんな最後の卒業なのに、自分の体調管理のせいで万全のパフォーマンスができなくて、最後の最後まで悔しい想いをしています。でも、私は今このステージに立てて本当に幸せだなって思っています。だって自分で卒業を決断して、別れを惜しみながらこのステージに立てることは、世界で1番幸せ者だと思っています。みなさんから支えてもらって、初めてアイドルは輝くことができます。8年半、みなさんからたくさんの光をいただきました。そしてスパガに入ってたくさんの初めてを経験しました。初めての別れ、初めてのレコーディング、初めて衣装着たとき、初めて後輩ができたとき。そして今初めて卒業を経験します。全ての初めてをみなさんと共有することができて、本当によかったなって思っています。これからはスパガと宮崎理奈は別の道を歩いていきます。だけどそのまたの道の先で、また一緒にステージにゲラゲラ笑う日がくるのかなって思っています。第4章が武道館に立ったときは、私MCで参加させてもらいます。それぐらい宮崎にMC任せてもいいなって思えるくらい大きくなって帰ってきます。これからは女優という道を突き進んでいきますが、スパガに負けないように私も全力で進んでいきたいと思います。本日がご来場ありがとうございます」とコメントをくれた。




渡邉ひかるは「改めまして渡邉ひかるは約8年半活動してきたSUPER☆GiRLSを卒業します。まさか2010年に受けたこのSUPER☆GiRLSを自分で決断して卒業する日がくるなんて思ってもいませんでした。入ったときは16歳でまだ右も左もわからないそんな環境の中で、ただただがむしゃらに走ってきました。順風満帆のように見えて、本当にいろいろなことがあって。苦しかったり辛かったりすることも、投げ出したくなることもいっぱいありました。でもそんなときに横を見たら必ず大好きな仲間がいて、支えてくださるスタッフさんがいて、何よりも大きな愛で手を差し伸べてくださるファンのみなさまがいたから、1人だって感じたことは1回もありませんでした。1人だったら見れなかった景色、叶えられなかった夢が、みなさんとだからいっぱい笑っていっぱい泣いて、最高の思い出を作ることができました。SUPER☆GiRLSは私にとって全てです。新メンバーが加入することが決まって24歳。渡邉ひかるとしてここからは大好きなSUPER☆GiRLSを、幸愛と一緒に頑張ってきた蛍、夢梨、しおりと、これから入ってくれる4期生に任せて、新たな1歩を踏み出す決心をしました。これから進んでいく道は違うけど、夢に向かって進むことには変わりはありません。私自身はSUPER☆GiRLSで見られなかった場所だったりとか、したことのないことにがむしゃらにしがみついて、自分の可能性を広げていきたいなって思っています。みなさんとなら自分も、そしてグループも絶対大丈夫だって、今は胸を張って言えます。本当に大好きなみんなに会えてよかったです。約8年半、本当にありがとうございました」と語った。




溝手るかは「改めまして本日1月11日をもちまして私溝手るかはSUPER☆GiRLSを卒業します。8年7ヶ月、SUPER☆GiRLSの溝手るかで在り続けられたのは、どんなときも味方でいてくれたみなさんのおかげです。本当にありがとうございました。加入当初13歳だった私も、もうすぐ22歳になります。長い月日をSUPER☆GiRLSで過ごしてきて、辛いことだったり、心が折れそうになったりもたくさんあったけど、それ以上に幸せすぎることもたくさん経験させていただきました。今の私がこんなにも歌うことが好きなのはスパガがあったからです。今後音楽活動は続けていきますが、事務所を離れることになりました。スパガになる前、9歳になる頃から13年間お世話になった場所を離れることは、たくさん悩んだし、正直不安でいっぱいです。また0からの気持ちで頑張りたいと思います。スパガがくれた、みなさんがくれた、シンガーソングライターになりたいって夢を必ず叶えるので、みなさん待っていてください。そして最後に、今ステージに立っている改めて思うのが、素敵なメンバーに出会えたなっていうことです。卒業したメンバーもそう。みなんで作り上げてきたこのSUPER☆GiRLSが愛しすぎて苦しすぎて。しおり、夢梨、蛍、うっちー、なぁぽん、幸愛。スパガにきてくれて本当に本当に感謝しています。本当にありがとう。そして、ひかるちゃんとみやり。常に前を向いてスパガを照らしてくれる2人の存在は、最高にかっこよくて、ずっと隣で支えてくれて本当にありがとう。こんな私を、こんな素敵なグループのリーダーにさせていただいて、本当にありがたく思っています。みなさんありがとうございます。明日から私たち別々の道に進みますが、それぞれが見つけた夢や目標に向かってがむしゃらに頑張ります。これから歴史を作っていくSUPER☆GiRLS第4章、そして卒業メンバー1人1人のことを、本当におこがましいお願いですが、みなさんずっとずっと見守っていてください。こんな私を支えてくれたメンバーのみんな、スタッフさんみなさん、関係者のみなさん。そしてずっと隣で支えてくれた家族。たくさんの愛をくれたファンのみなさま、本当に本当に心からありがとうございました」と締めくくってくれました。




その後、2期生の渡邉幸愛、3期生の石橋蛍、阿部夢梨、長尾しおりからも卒業メンバーに向け花束の贈呈や言葉が贈られました。涙を流しながら伝える彼女たちの姿からは、卒業メンバーがいかに愛されているか、とてもよくわかる光景でした。

本編ラストは第3章のラストシングルとなった「わがまま GiRLS ROAD」のカップリングとして収録されている「おもいでアップデート」で締めくくります。ファンからのサプライズで客席下手から、浅川梨奈の超絶カラーであるミントグリーン、宮崎理奈の超絶カラーであるレモンイエロー、溝手るかの超絶カラーであるビビッドレッド、渡邉ひかるの超絶カラーであるシャンパンゴールド、内村莉彩の超絶カラーであるロイヤルブルーの5色のペンライトで覆われます。それは絶景とも言える光景でした。間奏では2期生が集結したり、卒業メンバーから現メンバーへハイタッチする場面があったり、ラストは全員が真ん中に集合したりと、9人の絆をしっかりと感じさせてくれる場面にはグッとくるものがあります。




アンコールは渡邊幸愛が第4章の衣装に着替えてを宣誓すれば、第3章と第4章の総勢16人で「花道!!ア~ンビシャス」を届け。渡邉ひかるが指鉄砲で打つ箇所では、卒業メンバーが次々と撃たれて倒れていく姿は思わずくすっと笑いたくなるもの。2番では卒業メンバーが渡邉ひかるの胸を触ったりと、この自由らしさがSUPER☆GiRLSの魅了でもあるかと思われます。歌詞に“紙吹雪舞う”というのもあるように、会場は卒業するメンバーを送るように、たくさんの紙吹雪が舞っていました。

ラストはSUPER☆GiRLSのデビュー曲である「MAX!乙女心」で卒業する5人の花道を飾ります。2番の際はステージ端で宮崎理奈、浅川梨奈、溝手るかの3人が独特な動きをしたり、最後まで楽しもうという彼女たちの真意を感じさせてくれました。間奏では見せ場となっているダンスパフォーマンスを渡邉ひかるがソロで披露。メンバーからも「にょす!にょす!」のコールもあり、さらにそこから繋げる溝手るかのソロ歌唱には歓声が起きるほどでした。この場にいる全員の脳裏に焼き付いた光景ではないでしょうか。

笑顔と涙に包まれた渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、浅川梨奈、内村莉彩の卒業ライブ。渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るかがSUPER☆GiRLS として歩んできた2010年6月12日~2019年1月11日、浅川梨奈、内村莉彩がSUPER☆GiRLS として歩んできた2014年2月23日~2019年1月11日。SUPER☆GiRLSのファンののみならず、数え切れないほどのアイドルファンの記憶にしっかりと残っていくことでしょう。

そしてSUPER☆GiRLSは渡邉幸愛を新リーダーに迎え、第4章がいよいよスタート。2月27日に21thシングル「コングラCHUレーション!!!!」の発売を控え、現在全国各地でリリースイベントを開催中。



SUPER☆GiRLS
「SUPER☆GiRLS 超LIVE 2019 ~新たなる道へ~」@Zepp DiverCity TOKYOセットリスト

M-01.花道!!ア~ンビシャス
M-02.華麗なるV!CTORY
M-03.コングラCHUレーション!!!!
M-04.Give me Love me!チョコ
M-05.赤い情熱
M-06.絶対自分前進宣言!
M-07.ギラギラRevolution
M-08.わがまま GiRLS ROAD
M-09.恋してYES~これが私のアイドル道~
M-10.恋愛ルール
M-11.1,000,000☆スマイル
M-12.夢の引力
M-13.飛行機雲、いつか
M-14.常夏ハイタッチ
M-15.プリプリ♥SUMMERキッス
M-16.スイート☆スマイル
M-17.NIJIIROスター☆
M-18.Be with you
M-19.Dance Anthem~Show Chick Buy~
M-20.約束の花束(内村)
M-21.ティアラの条件(浅川)
M-22.偶然の確率/GIRL NEXT DOOR(宮崎)
M-23.GLORY(溝手・宮崎)
M-24.My dream(溝手・ひかる)
M-25.Namidance Rainbow(ひかる)
M-26.Dear~未来の地図~
M-27.おもいでアップデート

E-01. 花道!!ア~ンビシャス
E-02. MAX!乙女心

M-01~M-04
第4章メンバー:渡邉・石橋・阿部・長尾・金澤・石丸・坂林・井上・門林・樋口・松本
M-05~M-27
第3章メンバー:渡邉(ひ)・宮崎・溝手・浅川・渡邉(幸)・内村・石橋・阿部・長尾
E-01~E-02
第3章メンバーと第4章メンバー総勢16人

SUPER☆GiRLS公式サイト
SUPER☆GiRLS公式Twitter

記事/瀧澤 唯
撮影/avex提供

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. predia「CROWN Fes.Presented by LI…
  2. Cheeky Parade「Cheeky Parade 6th …
  3. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  4. 愛乙女☆DOLL「ハルナバースデーライブ2018」@東京キネマ倶…
  5. predia「predia新体制初公演」@ヒューリックホール東京…
  6. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 超絶☆定期公演V…
  7. PASSPO☆「@JAM EXPO 2018」@キウイステージ
  8. わーすた「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~funtas…



PAGE TOP