ライブレポート

愛乙女☆DOLL「ハルナバースデーライブ2018」@東京キネマ倶楽部

2018年6月17日(日)愛乙女☆DOLLが東京キネマ倶楽部にて「ハルナバースデーライブ2018」を開催しました。




「Brand-New-World」からライブは始まり。会場はハルナの担当カラーである緑色のペンライトで染まります。サビでは横1列になり腕を振り上げる場面があり、どーらー(愛乙女☆DOLLファンの呼び名)もメンバーと一緒に振り付けを真似るほど。序盤からメンバーも会場を煽ったり、全力のパフォーマンスを披露して会場を沸かせます。

愛乙女☆DOLLの人気楽曲No,1にも選ばれた「カレンダーガール」がくれば会場の盛り上がりは必至。どーらーからは盛大なメンバーコールが送られ、序盤とは思えないほどの盛り上がり。なかでもハルナコールはこの日1番の大声援が送られるほど。

「恋のマジック」では1度聞いたら癖になるイントロのメロディーと歌詞が印象的。随所にかわいらしい振り付けが見られ、間奏ではハルナのソロダンスパフォーマンスもあるためハルナ推しは必見となります。




MCではハルナの自己紹介があると、会場からは「おめでとうー!」とハルナ19歳の誕生日を祝う声があちこちから聞こえていました。

MC後は欅坂46楽曲の「ガラスを割れ」を披露。難易度の高い楽曲ですが、さすがパフォーマンスレベルが高い愛乙女☆DOLL。キレのあるダンスと6人の息の合ったパフォーマンスで完成度の高さはさすがもの。見る者を圧倒させるほどの出来栄えに会場中の誰もが彼女たちの姿に見入ったことでしょう。

でんぱ組.inc楽曲の「キラキラチューン」を続いてはカバー。間奏ではでは太田里織菜、愛迫みゆ、安藤笑、佐倉みきがソロパフォーマンスを披露し、ハルナと佐野友里子に歌をつないでいきます。6人でつくっているステージとはこのこと。最後は中央に集まって最高の笑顔でピースサインをしてくれました。

ミディアムバラードナンバーである「Believe in my heart~大切なもの~」。はここで披露。指先まで丁寧に表現していくパフォーマンスはの美しさは見入るほど。サビではメンバーが半円になって向き合いながらパフォーマンスするのが印象的。大サビではメンバーが顔を見合い、グループとしての絆を感じさせてくれました。




MCではハルナが衣装チェンジのため5人で進行。話題はもちろんこの日の主役であるハルナについて。ハルナとの付き合いが1番長い愛迫みゆは「身長が伸びたじゃないですか。聞いてよ!(加入当時)私よりハルちゃん低かったんだよ。今は抜かされました」とのこと。なんと身長は10cm以上も伸びており、そのせいもあってか歴代衣装を着るとハルナだけつんつるてんになってしまうというエピソードも披露。

ハルナと特に仲良しの佐倉みきは「波長が合うのかな。何でも話せる。本当にいい子なんですよ、ハルちゃん」と改めて実感している様子。

ここでハルナとゲストとして登場したべボガ!とのコラボが実現。披露楽曲はベボガ!楽曲「この恋、弾丸ライナー」。この貴重な光景に会場は大興奮。ベボガ!メンバーへのコールも送られ、凄まじい盛り上がりを見せてくれました。




続いてはステージに愛乙女☆DOOLLのメンバーも合流し、総勢10人で「ワチャゴナ!」を届けます。賑わいを見せてくれるアップテンポナンバーの楽曲に、会場はまるでパーティーかのような雰囲気。愛乙女☆DOLLメンバーとベボガ!メンバーでステージで上で絡んだりと、なんとも微笑ましい様子。

生誕衣装にチェンジしてきたハルナが登場し、新曲「L’amour est tout」を披露。イントロではハルナと安藤笑で圧倒的なダンスを見せれば、その後は全員でキレのあるパフォーマンスで会場を魅了。激しいダンスの中でも女性らしさを感じる舞があったりと、見どころ満載の1曲。その完成度の高い楽曲は一瞬たりとも見逃すことはできません。

本編ラストを飾るのは「High Jump!!」。サビでは数え切れないほどのどーらーがサイリウムや人差し指を上に掲げ、メンバーとどーらーが1つになるとはまさにこのこと。その光景は何度見ても鳥肌ものです。そんな会場の一体感ぶりにメンバーの表情はなんとも晴れやかな笑顔。大サビ直前には愛迫みゆから「ハルちゃんおめでとうー!」との祝いの言葉がありました。




会場を突き破るほどのハルナコールが鳴り響く中、再びステージに登場したハルナ。

モーニング娘。楽曲「みかん」をソロで披露。会場は1階席から2階席まで緑色のサイリウム一色。楽しそうにパフォーマンスするハルナの姿に会場中の誰もが見入っていました。




MCではハルナから「いつも応援してくれるファンのみんなへ。こんな風に手紙を書くのはアイドル人生で初めてです。私は口下手なので今回はお手紙を書いてきました。改めてハルナバースデーライブ2018に来てくださったみなさん本当に本当にありがとうございます。こんな私のためにたくさんの人が駆けつけてくれたと思うと、本当に感謝の想いでいっぱいです。私は周りに比べてそんなにかわいくないし、正直自信もありません。だけど、今こうして応援してくれるみんながいること、こんな私でも好きって言ってくれる人がいること。私はファンのみんながいるから今もこうやって活動できています。ありがとうございます。今までらぶどるを辞めたいと思ったことは正直数え切れないくらいたくさんあります。辛かったこと、悲しい現実、何もかも逃げ出したいって思ったこともある中で、6年間も続けてこれた1番の理由が、私はステージに立つことが何より大好きだからです。歌って踊ること、ファンのみんなの声援、ステージに立つことが本当に幸せです。この6年間、私は中学1年生のときにらぶどるに加入したので、青春時代はすべてらぶどるで過ごしてきました。普通の中学生だったら体験できなかったことをたくさんさせていただきました。だけど、毎日学校を早退したり、学校行事もなかなか参加することができなかったので、卒業アルバムの写真にあんまり写っていなかったり、寂しい気持ちもありましたが、らぶどるの活動を応援してくれる大切な友だちに毎日支えられて、ここまで続けてこられました。本当に毎日ありがとう。そしてらぶどるのメンバー。私はネガティブで1人で抱え込んでしまう性格だけど、こんな私に優しくしてくれて本当にありがとう。みーさんと友里ちゃんとはもう6年も一緒にいられて、本当のお姉ちゃんができたみたいで必要不可欠な存在です。みきぽんとりおぴょん。3年前新メンバーとして入ってくれて、私はらぶどるとして初の後輩ができて、自分の中で大きく変わるものがありました。そしてぇみちぃ。ぇみちぃと初めて出会ったときのことを鮮明に覚えています。また一緒にダンスが踊りたいです。長くなりましたが、みなさん聞いてくれてありがとうございました。こんな私とらぶどるのことをよろしくお願いします」と手紙を読み上げました。




話し終えると、愛乙女☆DOLLとベボガ!が「Happy birthday to you」を歌いながら登場。メッセージアルバム、花束、ケーキ、ぬいぐるみをベボガ!のメンバーが運んでくれるという嬉しい出来事。

アンコールラストは愛乙女☆DOLLのライブに欠かせない盛り上がり必至ナンバー「LOVE♡BEAM」で締めくくります。会場のテンションはこの日1番と言っても過言ではありません。メンバーと一緒に楽しむことができる曲とはまさにこのこと。メンバーと一緒に踊ったり指さしをしあったりと、愛乙女☆DOLLのことがもっと好きになることでしょう。




愛乙女☆DOLLは現在24ヶ月連続ワンマンライブを開催中。次回7月は4ヶ月ぶりに東京で開催。7月16日(月・祝)東京キネマ倶楽部にて「Lovely Fighter!!~Road to “Brand-New-Stage”~7つの星が描く軌跡vol.16」が開催されます。



愛乙女☆DOLL
「ハルナバースデーライブ2018」@東京キネマ倶楽部セットリスト

M-01.Brand-New-World
M-02.カレンダーガール
M-03.恋のマジック
M-04.ガラスを割れ/欅坂46
M-05.キラキラチューン/でんぱ組.inc
M-06.Believe in my heart~大切なもの~
M-07.BRAVER
M-08.この恋、弾丸ライナー/ベボガ!(愛乙女☆DOLLハルナ・ベボガ!水沢・葉月・三浜・水戸)
M-09.ワチャゴナ!(愛乙女☆DOLL・ベボガ!)
M-10.L’amour est tout
M-11.ビターチョコ・バレンタイン
M-12.SUNNY DAY JOURNEY
M-13.High Jump!!

E-01.みかん/モーニング娘。(ハルナ)
E-02.エアプレーン
E-03.LOVE♡BEAM

愛乙女☆公式サイト
愛乙女☆DOLL公式Twitter

記事/瀧澤 唯
撮影/山本ヤスノリ

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. PASSPO☆「歌って踊って奏でるツアー2017→2018」(1…
  2. predia「predia 7th Anniversary To…
  3. Ange☆Reve「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と…
  4. PASSPO☆「@JAM EXPO 2018」@ストロベリーステ…
  5. ベイビーレイズJAPAN「歌って踊って奏でる対バンツアー~Roa…
  6. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  7. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  8. 愛乙女☆DOLL「@JAM EXPO 2018」@オレンジステー…



PAGE TOP