ライブレポート

わーすた「わーすた4th Anniversary LIVE~わんだふるこれくしょん~」@恵比寿ガーデンホール

 


2019年3月31日(日)わーすたが恵比寿ガーデンホールにて「わーすた4th Anniversary LIVE~わんだふるこれくしょん~」を開催しました。




本レポートでは昼公演のライブレポートをお届けします。




ステージ後方には5つの箱が用意され、オープニングBGMと共に三品瑠香、小玉梨々華、坂元葉月、松田美里、廣川奈々聖が順番に登場。序盤から見せるこの演出に、会場は盛り上がりを見せます。

ステージに全員が集まったところで、わんだふるこれくしょんは「KIRA KIRA ホログラム」から始まり。テレビアニメ「キラッとプリ☆チャン」のエンディングテーマでもある本楽曲は、サビではメンバーと共に振り付けを真似るわーしっぷ(わーすたファンの呼び名)が続々と見られました。

続いては「プリティー☆チャンネル」を届けます。こちらの楽曲も、先ほど記述したテレビアニメ「キラッとプリ☆チャン」のエンディングテーマにも採用され、アニメとのタイアップが多いのもわーすたの大きな特徴です。廣川奈々聖が先頭に立ち、残りのメンバーは廣川奈々聖の後ろに縦の状態で並ぶ場面では、廣川奈々聖の後ろから顔を出す4人の姿はなんともかわいらしいもの。ラストはかわいらしいキュートな振り付けで締めくくってくれるのもポイントです。

「グーチョキパンツの正義さん」を披露し終えたとこで小玉梨々華が「ってかさ、今日のみんなの盛り上がり全然足りなくない?」と話せば、三品瑠香も「それな、4周年だよ」と一言。あの曲をやろうとメンバー間で一致する中、ここで松田美里が「えっ、えっ、待って。えっ」と動揺する姿にわーしっぷからも笑いが起こります。「あの曲って言ったらあの曲?」と確かめるようにメンバーに聞けば、他のメンバーからは「おい!」「ちょっと待って」「こんなにリハーサルしたのに」と総出で突っ込みが入り、微笑ましい光景でした。

気になるその楽曲は「ゆうめいに、にゃりたい。」猫耳がついているのが大きな特徴でもあるわーすた。そのため”にゃん”とワードが本楽曲ではとても多く登場してきます。Bメロからはわーしっぷからのコールもあり、盛り上がりを見せる1曲。坂元葉月が”このニャン所が目に入らぬか”と言う場面では他の4人は膝をつき”ニャーニャー”という遊び心があるのも特徴。間奏では彼女たちが生まれた頃に流行したパラパラを披露するのも印象的となっています。




自己紹介のMCを挟み、わーすたの代表曲でもある盛り上がり必至ナンバーである「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」に突入。1度聞いたらなんとも耳に残る歌詞が印象的となっており、この曲ではトリケラトプスを倒すのが大きな目標であります。間奏にあるこの曲ならではのコールは、わーしっぷならぜひとも覚えて声を出したいところ。楽曲途中ではピコピコハンマーを三品瑠香が客席に投げ、プレゼントするのがお決まり。最後は見事にトリケラトプスを倒し、会場からは歓声が飛び交い、凄まじい一体感に包まれました。

ここで「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」に登場するトリケラトプスのトリオくんに関するナレーションが流れます。トリオくんが病気になってしまい、トリオくんを守る決意をしたわーすた。

その決意を表明するかのように次の曲は「くらえ!必殺!!ねこパンチ☆ ~私達、戦うにゃこたん【レベル5】~」。「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」のアナザーソングとなっていいます。歌詞がゲーム画面を思わせてくれるフレーズもあり、それに合わせてスクリーンにはゲーム画面が流れる演出も登場。集まったわーしっぷを楽しませます。




ここでステージにあるスクリーンから、わんだふるこれくしょんを掲げて活動してきたこの1年間の映像が流れます。

映像後は「ヨ・キエロ・ビビール」を披露。本楽曲はわーすた曲の中でもダンスナンバーに仕上がっています。iDOL Street出身というのもあり、ダンススキルはレベルの高い彼女たち。普段のかわいらしいい彼女たちとは違い、始まりから終わりまでクールでかっこいい姿を見せ、さらにはキレッキレのダンスで集まったわーしっぷを魅了していきます。なかでも、間奏にある5人の息の合ったダンスパフォーマンスは必見。わーすたの新たな魅力を発見できる楽曲でもあります。

「Doki Doki♡today」ではいつもと違うアレンジがあり、アコースティックバージョンで届けます。廣川奈々聖が1人ステージに残りAメロを歌い上げると、続いては三品瑠香が登場し、Bメロを歌唱。そのあとステージには5人全員が登場。ダンスパフォーマンスは控え、1つ1つの歌詞を丁寧に歌い上げる5人の姿は印象的。会場は優しい雰囲気に包みこまれました。

「Stay with me baby」は廣川奈々聖と三品瑠香のアカペラから始まります。確かな歌唱力を持つ2人のアカペラはまさに圧巻という言葉がぴったり。会場にいた誰もが彼女たちの見事な歌声に聞き惚れたことでしょう。壮大なスケールを感じさせてくれる本楽曲はバラードナンバーとなっており、曲の世界観をダンスでもしっかり表現しているところにも注目したいところ。




次の曲に突入する前に三品瑠香が「次に披露する曲は、私たちがわんだふるYearとして毎月新曲を披露していたんですけど、わんだふるYear最後の、初披露の曲となります。ちょっと大人になった私たちだから、届けられる曲だと思っています」と話してくれました。

その楽曲は初披露となる「暮れないハート」。切ない恋心を歌った本楽曲は、ちょっぴり切なさもあるミディアムナンバー。初披露というのもあり、その模様をスマートフォンで撮影するわーしっぷの姿が多数ありました。(わーすたはスマートフォンのみで写真撮影と動画撮影がOK)




ここでスクリーンにはわんだふるYearの1年間で印象に残ったことについて話している映像が流れます。坂元葉月はスペインに行き、海外アーティストとコラボ。廣川奈々聖はテレビアニメ「キラッとプリ☆チャン」にわーすたとしてアニメキャラクターになり登場したこと。松田美里は11月に開催されたわーすた主催の「わーすた presents わんわんにゃんにゃん秋祭り」。三品瑠香は夏に開催された「イセ食品 森のたまご presents わーすた Summer LIVE TOUR 2018 ~JUMPING SUMMER~」。小玉梨々華は月1で新曲を発表。メンバーの真剣なコメントが流れていく中、小玉梨々華の口調がわざとらしく変わり始めます。これにはわーしっぷからもクスクスと笑い声が起こるほど。新曲の中でも「大志を抱け!カルビアンビシャス!」の話を、話題はずっとお肉の話題に。そして「こういう話を私がしちゃったから、みんなあの曲が聞きたくなっちゃったと思うの。お肉焼いちゃいたいでしょ、みんな」と煽れば次の曲は「大志を抱け!カルビアンビシャス!」に決まり。

「大志を抱け!カルビアンビシャス!」のメロディーが流れると、ステージにある箱から小玉梨々華が登場し「みんなお肉焼くよー。えっ、メンバーがいないんだけど」と他のメンバーの姿が見当たりません。なんと坂元葉月、松田美里、廣川奈々聖、三品瑠香の4人は客席のサイド扉から登場し、会場は大盛況。焼き肉の楽曲というのもあり、わーすたがわーしっぷに箸を配るサプライズ。あまりにもわーしっぷが客席から登場した4人の姿に釘付けというのもあり、小玉梨々華が「私を見なさいよ、みんな」と言う場面もありました。サビで扇子を振り回すというのもあり、わーしっぷも扇子やペンライトを振り回すなど、会場は1つに包まれます。最後はごちそうさまで終わるのもこの曲ならでは。

アップテンポナンバーの「最上級ぱらどっくす」ではイントロからわーしっぷによる大きなコールやメンバーコールがありました。坂元葉月が「いつもありがとうー!」、松田美里が「みんな大好きー!」と集まったわーしっぷに感謝の想いを伝える場面もありました。間奏にあるこの曲ならではのコールも飛び交い、会場は終盤に向けて凄まじい盛り上がりを見せます。

「ワンダフル・ワールド」のイントロが流れれば会場から歓声が起こるほど。わーしっぷも待っていましたかと言わんばかりに、先ほどよりさらに大きな声援を送ります。” Oh baby”の場面はわーすたとわーしっぷのコールアンドレスポンスもあり、サビにいくにつれ会場のボルテージはさらに上がっていきいます。松田美里が三品瑠香にケチャを送ったり、小玉梨々華と三品瑠香が肩を組んだり、メンバーもなんとも楽しそうな様子でした

本編ラストは「スーパーありがとう」で締めくくります。5人がギュッと集まり顔を見合わせる場面では、5人の確かな絆を感じさせてくれるほど。笑顔いっぱいでパフォーマンスし歌唱する彼女たちの姿は、4周年のお祝いに駆けつけてくれたわーしっぷに感謝の想いを伝えているようでした。それを思わせてくる歌詞が本楽曲には豊富にあり、歌詞にも注目して聞きたいところ。

彼女たちは最初に登場してきた箱に入り、箱の扉はゆっくり閉まっていきます。閉まる直前まで手を振ったり、笑顔の彼女たちの姿は、多くのわーしっぷの目に焼き付いたことでしょう。




アンコールの声に応え、再びステージに登場したわーすた。

アンコールは「ちいさな ちいさな」から始まります。イントロで5人が中央に集まるのが印象的。AメロとBメロはアコースティックギターの音色が中心となったメロディーとなっており、サビからはメロディーも盛り上がりを見せます。落ちサビではメンバー全員で手を繋ぎ、その光景はグッとくるものがありました。

ラストはわーすたの代表曲の1つでもある「いぬねこ。青春真っ盛り」で盛大に飾ります。この曲がきたら盛り上がりはもはや必然と言っても過言ではないでしょう。会場を突き破るほどのメンバーコールがとどろきます。Bメロやサビの場面ではメンバーと一緒に踊るのがお決まり。わーすたと共に楽しめることができる1曲とはまさにこのことでしょう。会場を巻き込む力が抜群にうまいのがわーすた。これ以上ない一体感と盛り上がりで4周年公演を締めくくってくれました。




4月1日(月)から松田美里がゲーム実況You Tubeチャンネル「てこてちゃん」配信を開始、5月12日(土)に廣川奈々聖 20th Birthday party !開催決定、6月にはミニアルバムの発売、新たなライブシリーズの開催も決定。5年目を迎えたわーすたの快進撃はまだまだ止まりません。



わーすた
わーすた4th Anniversary LIVE~わんだふるこれくしょん~」@恵比寿ガーデンホールセットリスト

M-01.KIRA KIRA ホログラム
M-02.プリティー☆チャンネル
M-03.グーチョキパンツの正義さん
M-04.ゆうめいに、にゃりたい。
M-05.うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ
M-06.くらえ!必殺!!ねこパンチ☆ ~私達、戦うにゃこたん【レベル5】~
M-07.ヨ・キエロ・ビビール
M-08.Doki Doki♡today
M-09.Stay with me baby
M-10.スタンドアローン・コンプレックス
M-11.暮れないハート
M-12.大志を抱け!カルビアンビシャス!
M-13.SHINING FLOWER
M-14.最上級ぱらどっくす
M-15.ワンダフル・ワールド
M-16.スーパーありがとう

E-01.ちいさな ちさな
E-02.いぬねこ。青春真っ盛り

記事/瀧澤 唯
撮影/山本ヤスノリ

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. 愛乙女☆DOLL「太田里織菜バースデーライブ2017」@新宿BL…
  2. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  3. 愛乙女☆DOLL「佐倉みきバースデーライブ2018」@東京キネマ…
  4. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  5. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  6. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!〜Road t…
  7. わーすた「わーすた定期ライブ わーすた ぷらねっと~funtas…
  8. Ange☆Reve「@JAM EXPO 2018」@ピーチステー…



PAGE TOP