ライブレポート

大阪☆春夏秋冬「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to 中野サンプラザ~」@阿倍野ROCKTOWN

2018年9月1日(土)PASSPO☆が阿倍野ROCKTOWNにて開催した「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to 中野サンプラザ~」に大阪☆春夏秋冬がゲスト出演しました。




MAINAが1人でステージに突入するとその自慢の歌声をまずは響かせます。アイドル界の中でも抜群の歌唱力を持つ若き歌姫の歌声に、会場中の誰もが耳を傾けるほど。そんな大阪☆春夏秋冬の1曲目は(ジュンスカさんのカバー)「すてきな夜空」からスタート。会場からはaKind(大阪☆春夏秋冬ファンの呼び名)によるクラップが起きたり声援が起きたりと、序盤から会場は賑わいます。

続いては「ROCK SHOW」に突入。メロディーに合わせて会場からは自然と一体感あるクラップが聞こえてきます。MAINAの” I wanna ROCK SHOW”と歌った後に、aKindも”ROCK SHOW”と歌う場面があり、序盤とは思えないほど会場は1つに包まれています。曲中には手を前に出す箇所があり。会場への煽りがなんともうまいのが印象的でした。




MCでは大阪☆春夏秋冬の登場前に流れたPASSPO☆根岸愛の機内アナウンスについて、EONが「マジであいぽん(根岸愛)彼女にしたいの」と話せば、会場は笑いに包まれます。ANNAは「音源もらいましょうね」と機内アナウンスをとても気に入っている様子。

MC後はミディアムナンバーの「手紙」で会場をしっとりした雰囲気に包み込みます。MAINAの力強くも優しい歌声とMANAの優しいハーモニーの相性は抜群。大切な人を思い出せてくれる歌詞は、聞いていてどこか心にスッと響くもの。

「PLAYER」ではどこか懐かしさを感じるサウンドが印象的。イントロから息の合ったダンスパフォーマンスで会場を魅了していきます。このレベルの高いダンスも大阪☆春夏秋冬の大きな魅力です。脚をダイナミックに蹴り上げる場面では見事な揃いっぷりに度肝を抜かれるほど。

続いては「世界には僕らだけ」を披露。ピアノのメロディーからしっとり始まれば、その後はグンとテンポが上がります。MAINAからも「みんな声出していくよ!」との煽りが入れば、aKindもそれに応え大きな声援を送るほど。パワフルで力強い大阪☆春夏秋冬の姿は迫力満点。その存在感の大きさからは一瞬たりとも見逃せません。間奏ではまさに魅せるダンスパフォーマンスで会場中の視線を集めます。曲終盤には拳を高々と上げる場面があり、この会場に集まったaKindとパッセンジャー(PASSPO☆ファンの呼び名)の拳が高々と上がっており、凄まじい一体感となっていました。




MCでは1人1人PASSPO☆との思い出について。トランスミッショネット独占、全メンバー分を掲載いたします。

YUNAは「出会いと言いますか、元々アイドルさんが好きで。大きいフェスとかでPASSPOさんとかが司会されたりするじゃないですか。それでPASSPO☆さんを元々知っていて、 @JAM NEXTをAKIBAカルチャーズ劇場でやっているライブの、生放送をたまたまお家で見ていて、はっちゃけ隊さんが出られてるときに『あっ、PASSPO☆さん。これPASSPO☆さんなんや』て初めて知って。その翌年の@JAMのときに大阪☆春夏秋冬の前にBANDPASSPO☆さんがライブされてて。『うわっ、これもPASSPO☆さん!?』てなって。もう何でもできるお姉さんがたなんやっていうのをすごい衝撃受けて。だから、いろいろ曲聞くようになりました」とのこと。

MANAは「MANAも2015年のときの話なんですけど、たくさんお世話になっている記者のかたがいらっしゃって。大阪☆春夏秋冬が東京に行き始めた頃に、その記者のかたに『すごい子たちがいるから』て。PASSPO☆さんのところにご挨拶行かせてもらったんですけど、その記者のかたが『PASSPO☆は1人1人がすごい努力をしているし、1人1人がすごい個性があるから、そういうところを真似できるように頑張っていったらいいよ』って教えてもらったのをすごく覚えていて。PASSPO☆さんはYUNAが言ったみたいにバンドもできるし、1人1人としてもすごい魅力があるかたたちなので、今でもずっと憧れだし、これからも憧れとして、PASSPO☆さんのようになれるように頑張っていけたらいいなって思う、そんなMANAです」と話されていました。

ここでMAINAが「すごい優しい」と一言。それにRUNAが「フェスとか対バンで一緒になったときに、出番が前後やったりとか、楽屋が近くてすれ違ったりとかあるんですけど。そのときに夏だと塩分チャージをくれたりとか、冷たいタオルを本番前にくれたり、扇風機を当ててくれたり」と話せば、ANNAからは「しかも扇風機も衣装の中に当ててくれたり」とまさかのエピソードに会場からは思わず笑いが起こります。

MAINAは「同じグループのメンバーみたいに優しく接してくれはるんですよ。この間、杏奈ちゃん(玉井杏奈)からLINEきて。杏奈ちゃんがMAINAの悩みとかドンピシャで当ててくれて。あんま泣かないけど泣いちゃった事があって。杏奈ちゃんやみんながめちゃめちゃ優しいから、対バンとかいろいろなフェスでも、PASSPO☆さんがいる心強さっていうのがすごいMAINAにもあるし、6人にもあって。解散って聞いて、マジかよって…。めっちゃショックだったし、ほんまにもうなんで~って…。でもPASSPO☆さんが今まで築いてこられた優しさやったり、力強さっていうものを、しゅかしゅんがこれから受け継いで頑張っていけたらいいなってすごく感じた」とコメントをくれました。

ANNAは「PASSPO☆さんってアイドルさんにも支持されるアイドルさんじゃないですか。10年弱くらい活動されてはるんですけど、大阪☆春夏秋冬がPASSPO☆さんと関わらせていただいたのって、めちゃめちゃ最近なんですよ。去年ぐらいからやっとお話しできるようになって。大きい存在なんでANNAごときがしゃべりかけていいんかな?って思ってたんですけど、ほんまに自分のグループのように親身になって考えてくれているし『しゅかしゅんちゃんってこうだからこうしたほうがいいよ』とかいう話も、この間ゆっきぃ(藤本有紀美)さんと2人でご飯連れて行ってもらったときに…」と話せば、ざわざわしだす会場(笑)続けて「確かにゆっきぃさんがおすすめしてくれはる料理のお店は不思議やった。火鍋に連れて行ってもらったんですけど、ここどこの国!?みたいな。異世界きたの!?みたいなところ連れて行ってもらったんですけど。ワンダーランドみたいな。めっちゃ話聞いていただいて、いろいろな話を教えてくださって、PASSPO☆さんがいろいろとしてくださった話とか、愛を受け継いで、その力で頑張りたいと思います」と思い出を話してくれました。

EONは「ちょうど先月の8月1日ね、森詩織さんとご飯に行かせてもらったんですけど。EONの感情を吸い取ってくれて、全部包み込んでくれる優しさとか。去年の夏フェスで私が喉の調子が悪かったときも『ちょっと楽屋おいで』って言ってくれて、大量の喉の薬をね、なんでそんなに持ってるの!?っていいうくらいたくさん渡されて。そこが出会いで、そこからPASSPO☆さんのメンバー1人1人にすごくお世話になりまして、仲良くしてもらいまして、めっちゃかわいがってもらってるんですけど。最初解散って聞いたときは、みなさんと同じ気持ちって言ったらあれなんですけど、ほんまにそれくらい悲しくて…。でも、内容を読んでみなさん前向きに進まれはるんやなっていうのを確信して、PASSPO☆さんは私たち大阪☆春夏秋冬の一生の先輩やなって、そこで思いました。だから今日で私たちが対バンさせていただくのは最後なんですけど、PASSPO☆さんのように私たちもどんどん大きくなれるように頑張ります」と話した。




続いての曲披露前にEONから「みなさんの声の大きさ次第でもしかしたらPASSPO☆さんきてくれるかも…」と言えば会場からは歓声が起こります。果たしてPASSPO☆は現れるのか。「C’mon!」は“Alight Join Join(Join) us oh oh oh”の部分を一緒に歌ったり、肩を組む場面があったり、とことん楽しめるナンバーに仕上がっています。そしていよいよPASSPO☆が登場し会場は大盛況。

実はこのコラボはつい先ほど決まったということなので驚き。なんとスタッフも知らなかったとのことで、本当にいきなり決まったことでした。

「カメレオン少女」はまるでショーを見ているかのような迫力あるダンス、サビでのジャンプ、MAINAの煽り、会場からの大きなクラップなど、大阪☆春夏秋冬とaKindで一緒に作り上げているこの光景は圧巻そのもの。会場は揺れるほどの盛り上がりを見せ、終盤に向け会場をとことん熱くさせていきます。

「See you again」はaKindへの想いが込められた楽曲。この日は解散を控えるPASSPO☆への想いも込められているように感じました。MAINAからも「PASSPO☆さんありがとう!」との言葉があり、大阪☆春夏秋冬の想いはしっかりPASSPO☆に届いていることでしょう。




大阪☆春夏秋冬のステージは「Let you fly」で締めくくります。重低音が印象的なメロディーはまさに浪花のロックンガールならではの楽曲。メンバーと共に歌唱するaKind、会場を突き破るかのような声援、これ以上ない大きなクラップ、MAINAの煽りなどで会場は完全に1つになります。ラストの曲にふさわしい盛り上がりとはまさにこのこと。「大阪☆春夏秋冬はPASSPO☆さんのことが大好きです」「PASSPO☆さんありがとうございました」とPASSPO☆への愛ある言葉が飛び交い、大阪☆春夏秋冬のステージは幕を閉じました。



大阪☆春夏秋冬
歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to 中野サンプラザ~」@阿倍野ROCKTOWNセットリスト

M-01.すてきな夜空
M-02.ROCK SHOW
M-03.手紙
M-04.PLAYER
M-05.世界には僕らだけ
M-06.C’mon!(PASSPO☆コラボ)
M-07.カメレオン少女
M-08.See you again
M-09.Let you fly

大阪☆春夏秋冬公式サイト
大阪☆春夏秋冬公式Twitter

記事/瀧澤 唯
撮影/山本ヤスノリ

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 超絶☆定期公演 …
  2. Ange☆Reve「愛乙女☆DOLL×Ange☆Reve~人形と…
  3. 愛乙女☆DOLL「愛迫みゆバースデーライブ2017」@東京キネマ…
  4. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 7th Anni…
  5. 愛乙女☆DOLL「Lovely Fighter!!~Road t…
  6. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS ノンストップ全力…
  7. 愛乙女☆DOLL「@JAM EXPO 2018」@オレンジステー…
  8. SUPER☆GiRLS「SUPER☆GiRLS 超絶☆定期公演 …



PAGE TOP