ライブレポート

predia「predia新体制初公演」@ヒューリックホール東京

2019年3月9日(土)prediaがヒューリックホール東京にて「predia新体制初公演」を開催しました。




2月2日にTOKYO DOME CITY HALLにて開催された「predia tour “THE ONE” FINAL ~Supported By LIVEDAM STADIUM~」にて、青山玲子、林弓束、岡村明奈、松本ルナの4人が卒業。今回の公演では6人体制となった新prediaの初お披露目の場になります。

会場は機材席を開放してもSold outになるほどの超満員。新しいスタートを切るprediaを一目見ようと、数多くのファンが集まっていました。




新SEが流れるとステージ上には6人の姿が見えます。新たな幕開けにふさわしく、この日は新衣装を身にまとっており、1曲目は「カーテンコール」を用意。イントロから6人体制を思わせてくれる新たなフォーメーションとなっていたのが印象的でした。サビでは腕を前に差し出す振り付けがあり、数えきれないほどのファンが同じく腕を前に差し出したり、持っているペンライトを前に差し出すなど、振りを真似るファンが続出。間奏で見せる6人のセクシーなパフォーマンスに会場から歓声が上がるほどでした。

prediaのアップチューンナンバーである「Paradise」を序盤に持ってくれることで、会場のテンションを一気に上げていきます。会場からはクラップやメンバーコールが鳴り響くほど。メンバーと共にサビでの振り付けを踊るファンが多く見られたのが印象的。楽園にいるかのような心地いいサウンドは、聞いていて思わず楽しくなるナンバーに仕上がっており、メンバーも満面の笑顔でパフォーマンスをしていました。

MCで自己紹介を挟んだ後は「Voyage」に突入。凛々しい表情を浮かべながらパフォーマンスするその姿はかっこいいそのもの。大人アイドルならではの凛とした表情でも会場を魅了していきます。かつて印象的だった2番のAメロのパートは桜子に受け継がれており、桜子コールが轟いていました。




MCでは1ヶ月振りにライブをしてファンと対面するというのもあり、水野まいが「久しぶりですね、みなさん。元気ですか?」と言えば桜子も「ねっ、久しぶり。長く感じたよね」とのこと。

ここで水野まいが「ライブがなかったからさ、みんな声が全然出し切れてないなって思ってんじゃねえのか?」と少しチャンネルを変えたバージョンの発言に、会場から少し笑いが起きます。そして水野まいがコールアンドレスポンスを行い、なぜだか笑いが起きるのも水野まいならでは。準備も万端のとことで次の曲に突入します。




続いては「SHADOW PLAY」を湊あかね、水野まい、桜子の3人で歌唱。元カノの立場で描かれている歌詞は、ロックテイスト色なナンバーとなっています。曲の世界観をパフォーマンスはもちろんのこと、表情でも見事に表現。間奏ではメンバーがステージ前方に移動し会場を煽れば、先ほどのコールアンドレスポンスの練習の成果が発揮され、さらなる盛り上がりとなっていました。

prediaの名刺代わりとも言われている「美しき孤独たち」。2番のAメロで村上瑠美奈が下手端から上手端まで移動しながら歌唱するのですが、まえだゆうの頭を優しく突いたりする遊び心は思わずほっこりするほど。大人アイドルならではの妖艶さやかっこよさが詰まった本楽曲では、彼女たちの魅力をここぞとばかりに見ることができます。6人の悪女いオンナに酔いしれること間違いないでしょう。

「Secret of Light」はまえだゆう、村上瑠美奈、沢口けいこの3人で披露。今カノの立場で描かれている歌詞というのもあり、明るいサウンドが印象的なナンバーとなっています。随所にクラップするところがあり、メンバーと共に楽しめるのも特徴です。




MCでは先日発表された新メンバーオーディションの話題について。募集要項がまるで企業のようだと巷で話題になったのは記憶に新しいところ。ちなみに現時点で150人ほどの応募があり、桜子は「5、6人かなと思ってた」と本音を暴露し、村上瑠美奈も「それくらいの予想だったよね」と話していました。

募集要項にも各メンバーからのコメントが書かれていましたが、改めてどんな新メンバーに加入してほしいかについて。

湊あかねは「一芸を持っている人って書いたんだけど、占いできる人が欲しい」に会場からは笑いが起こります。続けて「今日の運勢とか占ってもらえるんだよ。MCとかで今日のうお座の人はとかさ」と言えば、沢口けいこは「めざましテレビでよくない?」と見事な突っ込みを入れていました。

まえだゆうは「ちゃん(まえだゆう)もある!ちゃんよりバカな人がいい」の発言に会場は大爆笑。メンバーからは「いらない、いらない」と即時に否定。まえだゆうは「ちゃんころぴー(まえだゆう)最近さ、レッスン中とかにもらっちゃん(桜子)に『ちゃん』って呼ばれるじゃん。そしたらまたまいまい(水野まい)に『ちゃん、ここが違う』って大人気すぎてさ。ちゃんより人気な人を作りたい」とこの日もまえだ節が炸裂。沢口けいこも「ちゃん(まえだゆう)の行列すごいよね。結構待たないとちゃんに話しかけられないもん」とのこと。

桜子が「ちゃん(まえだゆう)バカじゃないよ」とフォローすると、会場からはクスクスと笑い声が。まえだゆうは「バカじゃないけど、みんなバカだと思ってるみたいだから」に会場は爆笑の渦に包まれていました。




改めてどんな新メンバーに加入してほしいかについて水野まいは「綺麗系でかっこいい系のメンバーが残ったじゃないですか」と自らの発言に会場からは拍手が起こります。続けて「かわいい感じのとか今1人しかいないじゃん。もう1人欲しくない」とのこと。

桜子は「巨乳の色白」と募集要項に書いていることからぶれていない様子に、会場は大喝采。「巨乳で色白の癒し系欲しくない?」とファンに問いかけると大きな拍手が巻き起こりました。

ここで、まえだゆうが「しかしさ、自分がオーディションするってなったらさ、あかねん(湊あかね)が一芸あったほうがいいって言うじゃん。すごい難しくない、しかし」と話せば、桜子が「自分が受けるんだったら?」と代弁。まえだゆうは「そう、受けるんだったら何にしようかなって考えたの、ちゃん。みんな何かある?」とメンバーに問いかけます。

沢口けいこは「私、嘘ばっか書くと思う」との発言に会場は笑いに包み込まれます。続けて「特技とか絶対書かないといけないじゃん。ピアノとか書いておけばいいかなって。一生嘘ついていく」とのこと。

水野まいは「昔オーディションのときにラケット抜きができますって言って。軟式のテニスラケットのガットを抜いたバーションを、下からくぐって『はい!』ってやってた。プロフィールにも書いたよ」に村上瑠美奈は「見たい~!なんでそれやってくれなかったの?」とかなり見たがっている様子。

ここで、まえだゆうが「網も通り抜けられるの?」の発言に会場はこの上ない大爆笑。湊あかねが「ミンチになるよ」との突っ込みも入り、水野まいも必死に説明をしていました。

村上瑠美奈は「瑠美奈だったら、歌って踊れます、ドヤ顔で偉そうにできる」に会場からは拍手が巻き起こるほど。ちなみにこの日、村上瑠美奈はメイクポーチをすべて忘れたとのこと。「あかねん(湊あかね)のメイク道具で全部メイクしたから、あかねさん風メイクになっている」と話せば、湊あかねは「私色に染まっているから」と話していました。




MC後に届けるのはバラードナンバーの「You’re my Hero」。メンバーが作詞を務め、ファンに向けて作った1曲でもあります。彼女たちの想いが詰まった歌詞にも注目しながら聞きたいところ。この楽曲ではメンバーが横1列に並び、パフォーマンスを控えて歌唱するのが印象的。自分たちの気持ちを歌で届けたいという、彼女たちの想いがとても伝わるような光景でした。上からは6つのライトが彼女たちをそれぞれ照らし、歌唱するメンバーにはスポットライトが当たる効果もあり、ステージ上の彼女たちの姿はグッとくるものがあったことでしょう。

「Dream Of Love」がくれば盛り上がりは必然。湊あかねも「もっと!もっと!」と会場を煽れば、ファンも待っていましたと言わんばかりの声援をメンバーに届けます。中でもBメロでメンバーが歌唱した後にファンも続けて歌う箇所があり、会場が1つになるとはまさにこのこと。曲中に湊あかねと村上瑠美奈が堅い握手を交わす姿は印象的です。

本編ラストを飾るのは「SUPER WOMEN」。イントロでは6人が横1列に並び、バッチリとポーズを決めます。これがprediaだと言わんばかりなほど、自信に満ち溢れている堂々とした姿はさすが大人アイドル。prediaを思わせてくれる歌詞が随所に盛り込まれており、歌詞にも注目したいところ。パワフルなそのパフォーマンスは、大人アイドルならではのかっこよさがグッと詰まった1曲となっています。




アンコールではメンバーが「Mid9t Luv」のイントロに合わせて客席のサイド扉から登場。まさかの客席からの登場とメンバーとの距離の近さに会場は大興奮。メンバーは客席を移動し、最後方まで移動し手を振ったりサービス精神旺盛なメンバーが多数いました。サビでは客席の真ん中に用意された台に乗りパフォーマンス。特にこの楽曲ではサビの振り付けを真似るファンも多く見られるため、会場はこの上ない一体感に包まれていました。

prediaのサマーソングでもある「Re-Make」では、prediaでは珍しいタオルを回す演出を導入。爽やかさ溢れる明るいナンバーに、メンバーも笑顔で楽しんでいたのが印象的。サビでタオルを回すというのもあり、いつもとは違う沸かしかたで会場を盛り上げていました。




MCではこの日新たに発売されたグッズの話題に。Tシャツの背面にあるダイヤについて桜子が「細かい線を取り除いてください。周りのやつ6本じゃない?」と言い他のメンバーが確認すると、村上瑠美奈が「真ん中の線を入れると6本だ」とまさかの展開。桜子は「なんでー!昨日家で気がついてすごい感動したのにー!」と言うと会場は笑いと拍手に包まれていました。

まえだゆうが「ちゃんころぴー(まえだゆう)も気づいたことあんねん!あのさ、prediaのロゴ変わったやんか」と言えば会場は静かになります。沢口けいこは「あぁー、いけないこと言っちゃった」と発言すれば、村上瑠美奈は「自信持って言ってみれば」とのこと。実はprediaの新ロゴ情報が解禁されるのは終演後、そして現地にて配られるフライヤーになります。情報解禁前に発言してしまったことに気づいたまえだゆうは「やばい、ちゃんころぴー(まえだゆう)クビだわ。ポリポリ」と言うと、桜子は「これ夢だ。うちら夢見てたんだ」と必死にごまかすメンバーの姿はなんとも微笑ましいものでした。




本公演の締めくくりは「ギリラブ」で飾ります。この曲では湊あかねが男性役を演じ、ラストに5人の女性から1人を選ぶというのがパフォーマンスにあるのも特徴。湊あかねに各メンバーがアピールするのも見どころです。楽曲ラストに1人の女性を選ぶのですが、湊あかねは「みんなおいで~、子猫ちゃんたちほら」と5人全員を呼び込むという、いつもと違う演出で会場を沸かせてくれました。全員が選ばれたことにより、湊あかねはもtろんのこと、まえだゆう、村上瑠美奈、水野まい、桜子、沢口けいこの表情もこの上ない満面の笑みで締めくくってくれました。




いよいよ始動した新体制のpredia。新体制初ワンマンライブからSold outと好調を見せるほど。さらにprediaは巷で噂の新メンバーオーディションを現在開催中。詳細はprediaのオフィシャルサイトを要チェック。

6月12日には9thシングル、2月2日にTOKYO DOME CITY HALLにて開催された「predia tour “THE ONE” FINAL ~Supported By LIVEDAM STADIUM~」のDVDとBlue-rayの発売が決定。

新体制となり、まだまだ輝き続けていくprediaは今後も見逃し厳禁です。



predia
「predia新体制初公演」@ヒューリックホール東京セットリスト

M-01.カーテンコール
M-02.Going to Ride
M-03.Fabulous
M-04.Paradise
M-05.Voyage
M-06.Hotel Sunset
M-07.幻はザナドゥ
M-08.SHADOW PLAY(湊・水野・桜子)
M-09.Addicted To Your Secret
M-10.美しき孤独たち
M-11.Secret of Light(まえだ・村上・沢口)
M-12.You’re my Hero
M-13.Dream Of Love
M-14.壊れた愛の果てに
M-15.SUPER WOMEN

E-01.Mid9t Luv
E-02.Re-Make
E-03.ギリラブ

predia公式サイト
predia公式Twitter

記事/瀧澤 唯
撮影/山本ヤスノリ

【関連商品】

【関連映像】

関連記事

  1. 愛乙女☆DOLL「朝比奈花恋バースデーライブ2018」@吉祥寺C…
  2. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  3. はっちゃけ隊 from PASSPO☆「緊急会見!~はっちゃけ隊…
  4. PASSPO☆「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to …
  5. 東京女子流「歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to 中野…
  6. PASSPO☆「青年も、大志を抱け!ツアー」第2部@原宿アストロ…
  7. predia「predia “THE SHOW” day.3」@…
  8. 愛乙女☆DOLL「@JAM EXPO 2018」@オレンジステー…



PAGE TOP